【2021】マルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンをピックアップしたのでシェアする

gadget

ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤホンが増えてきています。

一方で一向に増えてこないのが「マルチポイント対応」の製品。

パソコンとスマホの接続を頻繁に切り替える人などは、マルチポイントで同時に接続できると便利です。しかし、

  • そもそもの選択肢が少ない
  • 「マルチペアリング」とごっちゃになってる人もいてレビューをそのまま鵜呑みにできない

のが現状。

今回は「マルチポイントとマルチペアリングの違い」を改めておさらいした上で、マルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンをまとめておきます。

Amazon価格 発売 ANC 防塵
防水
Jabra Elite 75t 13,600円 2019年
11月
IP55
ゼンハイザー
CX 400BT
13,500円 2020年
9月
NUARL
N10 Plus
19,800円 2021年
4月
IPX4
HUAWEI
FreeBuds Pro
19,836円 2020年
11月
サムスン
Galaxy Buds Pro
19,800円 2021年
4月
IPX7

マルチポイントとマルチペアリングの違い

改めてマルチポイントとマルチペアリングについて、ざっくりとおさらい。

けっこうごっちゃになっている方が多くて、Amazonのレビューとかで「マルチポイント対応してます!」とか書いてあっても、実はマルチペアリングにしか対応してなかったりします。

マルチペアリングは「複数のペアリングを記憶できる」こと

マルチペアリングはイヤホン側に複数のペアリング情報を記憶させられる機能です。

マルチペアリングに対応していれば、一度ペアリングしたことがある機器(スマホ、パソコンなど)なら、一旦接続を解除しても、次回もかんたんに接続できます。

今はマルチペアリングがほぼ当たり前になっていますが、かつてはイヤホンと機器は1通りのペアリングしか記憶できませんでした。

例えばイヤホンではありませんがMacの「Magic Trackpad 2」はマルチペアリングに対応していません。

そのためiMacに接続している状態で、次にiPadで使おうとした場合は、iMacからペアリング情報をいったん削除して、iPadとペアリングし直す、という面倒な作業が発生します。

マルチポイントは「2台同時接続」

「マルチペアリングできるって書いてあったのに、できなかった!」と怒ってたりする人は、本当はマルチポイントがしたかったパターンが多いです。

マルチポイントは1つのイヤホンで同時に複数の機器と接続できる機能です。

例えばパソコンとスマホに同時に接続することで、パソコンで音楽を聴きながら、スマホに着信があったときに、そのままイヤホンで通話ができます。

また、2台同時に接続されているので、1日の内に何度も接続を切り替える人は手間が減って快適です。

注意点
マルチポイント接続時は電波の強度が弱くなるため、人混みなど電波干渉が起こりやすい場所では通信が途切れやすくなってしまうこともあるようです。

自宅での利用なら特に問題ないかと思います。

マルチポイントに対応した完全ワイヤレスイヤホン

今回は完全ワイヤレスイヤホン(左右独立型)の中から、マルチポイントに対応した製品を探しました。

  1. 価格:1万円台まで
  2. アクティブノイズキャンセリング(ANC):できれば対応
  3. 音質:良いに越したことはない

以上の優先順位で探しています。

今回見つけた商品は以下の5つ。

Amazon価格 発売 ANC 防塵
防水
Jabra Elite 75t 13,600円 2019年
11月
IP55
ゼンハイザー
CX 400BT
13,500円 2020年
9月
NUARL
N10 Plus
19,800円 2021年
4月
IPX4
HUAWEI
FreeBuds Pro
19,836円 2020年
11月
サムスン
Galaxy Buds Pro
19,800円 2021年
4月
IPX7

価格は2021/05/17現在のもの。

Jabra Elite 75t|全部入りでめっちゃ安くなった

引用元https://www.jabra.jp/bluetooth-headsets/jabra-elite-75t

今回見つけたイヤホンの中では発売が一番古いですが、機能的には一番まとまっているのでは?というのが僕の感想。

当初は23,800円で販売されていたのが、17,380円(2021/05/17現在、Amazon)まで下がっています。

(2021/05/28追記)

さらに13,600円まで下がりました

  • 研究されて設計された理想のサイズと形状で密閉性が高い
  • ANCに対応
  • IP55で運動もOK
  • Siri、Googleアシスタントに対応
  • イコライザー設定、自分の聞こえ方に合わせた調整も可

2020年秋のアップデートでANCに対応して、欲しい機能はほぼ全部入った製品にパワーアップしました。

Youtuber界隈の評価も非常に高く、第一に検討したい製品。予算に余裕があるなら上位機種(85t)を考えてもいいですね。

ゼンハイザー CX 400BT|音質はトップレベル

引用元:https://ja-jp.sennheiser.com/cx-400

先に断っておくと、この機種はマルチポイントには対応していません

しかし、一度接続した端末には、アプリでワンタッチ操作で接続を切り替えられるため、今回の目的に合っていると判断して、紹介しています。

また今回見つけた中では唯一、ANCに対応していませんが、遮音性が非常に高くANCなしでも外部の音をカットできます

音質の評価が高いゼンハイザーの中で「上位機種の音質はそのままで、機能をカットした廉価モデル」という位置づけです。

  • 防水・ANC・外部音取り込み機能はなし
  • 上位モデル「MOMENTUM True Wireless 2」(約4万円)と同等レベルの音質
  • イコライザー設定可

機能を捨てて音質に全振りしていますが、運動をしない、自宅やカフェで使うだけ、というのであれば、十分目的を果たしてくれそう。

音にこだわりがある人からも「コスパは高い」と定評です。

NUARL N10 Plus|臨場感のある音・ふだん使いで便利

引用元:https://nuarl.com/n10plus/

元は日本と中国間の貿易商社としてスタートしたエム・ティ・アイが立ち上げたブランド「NUARL」は音場の広さで評価が高いイヤホンを送り出しています。

2021年4月に発売されたばかりの「NUARL N10 Plus」も、Youtube界隈でレビューが相次ぎ(案件かもしれないけど)、注目を集めています。

  • 音質は特に「音場が広い、立体感がある」と評価される
  • 左右独立通信で片耳でも利用可
  • アプリでノイキャンの強度の変更も可
  • IPX4の防水性能
  • 物理ボタンがあるので操作性が快適

NUARLの商品をすでに持っている人は、アップグレードプログラムで約半額で購入することもできるようです。

音質とANC、防水、どれもゆずれない人はバランスのいい「NUARL N10 Plus」が有力。

HUAWEI FreeBuds Pro|ノイキャンは最高レベル

引用元https://consumer.huawei.com/jp/audio/freebuds-pro/

米国の制裁によってスマホ界隈ではかつてのような存在感がなくなっているHUAWEIですが、イヤホンは好評のようです。

  • 最大40dbの強力なノイズキャンセリング
  • シーンに合わせてノイキャンを最適化
  • うどん型でありながらコンパクト
  • 防塵防滴はなし
  • iPhoneアプリ(iOS)には非対応→対応済み

強力なノイキャンは魅力的です。「Air Pods Proよりも強い」というレビューもあります。ノイキャンを重視したいなら要検討です。

Androidユーザーはもちろん、iOSアプリにも対応したのでiPhoneユーザーも候補に入れられるようになりました。

サムスン Galaxy buds Pro|高級感◯、IPX7で運動もOK

引用元https://www.galaxymobile.jp/galaxy-buds-pro/

2021年春のGalaxy S21に合わせて発売されたモデルで、スマホが好きな人から注目を集めている製品。

  • 高級感のある外観
  • ANCは周囲の環境に合わせて自動に最適化
  • ユーザーの声を検知して会話時には自動でボリュームを下げてくれる
  • IPX7で防水機能は最高クラス
  • Galaxyスマホ・タブなら「360°オーディオ」(空間オーディオ)が楽しめる

Galaxyブランドで信頼できますし、防水性能が高いのでランニングなどでの利用を考えるなら検討してもいい製品です。

2021年はマルチポイントが当たり前になる年になってほしい

今は数える程しかないマルチポイント対応機種ですが、2020〜2021年にかけてじわじわと増えて来ています。

iPhoneやMacユーザーならAir Pods Proがあれば複数接続のイライラは解消されますが、Android派な人、Air Pods Proよりも音質を求めたい人は、マルチポイントに対応しているかが大切になってきます。

2021年はマルチポイントが当たり前に搭載されるような年になって欲しいですね〜!

Amazon価格 発売 ANC 防塵
防水
Jabra Elite 75t 13,600円 2019年
11月
IP55
ゼンハイザー
CX 400BT
13,500円 2020年
9月
NUARL
N10 Plus
19,800円 2021年
4月
IPX4
HUAWEI
FreeBuds Pro
19,836円 2020年
11月
サムスン
Galaxy Buds Pro
19,800円 2021年
4月
IPX7

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました