楽天モバイルでApple Watch専用プランを契約してみたけど、予想通りすぎる結果だった

gadget
景品表示法に関する記載:当記事にはアフィリエイト広告が含まれています(メディアポリシー)。

1ヶ月間、ゲオあれこれレンタルでApple Watch Series 5のGPS+Cellularモデルをレンタル。

以前から気になっていた楽天モバイルのApple Watch専用プラン「電話番号シェアサービス」を契約してみました。

申し込み方法と、実際に契約してみて分かったことを、ぶっちゃけベースで共有します。

==この記事の結論==
申し込み方法は少し癖があり、特にデュアルSIM運用している場合は要チェック。

僕はCellularモデルの恩恵を受けられませんでした。その理由はiPhone 12 miniという、Watch並に気軽なiPhoneを使っていることが理由かもしれません。

楽天モバイルのiPhoneは新規契約でも最大2.8万円の還元を行っています!(2024/02/21現在)

>>楽天モバイルiPhoneページ

\とりあえず1回線/

楽天モバイル公式をチェックする

既存ユーザーからの紹介で、最大6,000ポイント(乗り換えなら1.3万ポイント)もらえます。

僕の紹介でよろしければこちらからお申し込みください。

(※リンク先が無効の場合は、XのDMへ直接ご連絡くださいませ。エラーになる場合は、ブラウザを変えるかキャッシュを削除するとうまくいくことがあります。)

楽天モバイルのApple Watch 専用プラン「電話番号シェアサービス」

Apple WatchのGPS+Cellularモデル(以下、「Cellularモデル」)で契約できる楽天モバイルの専用プラン「電話番号シェアサービス」の概要は以下のとおり。

iPhoneが側になかったり、電源が入っていなくても、Apple Watch単体で通信、通話ができるというもの。

  • 550円/月
  • iPhone 6s以降、Apple Watch Series 3以降に対応
  • Apple Watchの通話、データ通信量はiPhoneの楽天モバイルのプランと共有される

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅶ(6月以降は「Rakuten最強プラン」)と併用すると、合計 1,628円〜3,838円で利用できます。

他の大手キャリアでCellularモデルを利用することを考えれば、圧倒的に安く始められます。

  • ドコモ・ahamo:ワンナンバーサービス(550円/月)
  • au:ナンバーシェア(385円/月)
  • ソフトバンク:モバイル通信サービス
    (385円 ※4年間無料キャンペーン開催中)

申し込み・設定・解約方法

申し込み、設定は以下の手順で行います。

  • 1

    以下の準備を行っておく。

    • iPhoneとApple WatchをBluetoothで接続
    • iPhoneで楽天モバイルのSIMを有効にしておく

  • 2

    楽天モバイル以外のSIMは無効にしておく

    ※僕はデュアルSIM運用しているLINEMOとバッテイングしてしまい、うまく申し込めませんでしたので、オフにしました。

  • 3

    Apple Watchアプリの「モバイル通信」>「新規プランを追加」から申し込む

  • 4

    画面に従って手続きを完了させる

    申し込みを終えると、 以下のようなメールが届きます。

  • 5

    Apple Watchのモバイル通信を開き、プランが「Rakuten」、状況が「接続済み」になっていれば、設定完了です。

電話番号シェアサービスに申し込めないときの対処方法

初めて申し込もうとしたときに「お使いの楽天アカウントはApple Watchのモバイル通信の使用対象ではありません。」と表示されてしまい、手続きできませんでした。

申し込めないときは、以下の対策を一つずつ潰していくのが良いでしょう。どこかのタイミングで申し込めるようになると思います。

  1. iPhoneとApple Watchを最新のOSにアップデートする
  2. 楽天モバイルの「キャリアアップデート」を行っておく
  3. 設定のWatchアプリのモバイルデータ通信がオンになっているか確認する
  4. デュアルSIM運用しているなら、楽天モバイル以外のSIMを一時的にオフにしておく
  5. 楽天モバイルのSIMをいったん無効→有効にしてみる
  6. iPhoneとApple Watchを再起動して、接続しなおす

再申し込みする方法

僕は最初、設定がうまくできず、一度、Watchアプリから「電話番号シェアサービス」を削除してしまいました。

その後、もう一度、申し込もうとすると、以下のような案内が表示されました。

プランを削除してしまった際は、my楽天モバイルアプリの「契約プラン」から、一旦「電話番号シェアサービス」の解約を行った上で、再度、申し込みます。

オプションの解約は、オプション名の左のチェックボックスを外すことで、解除できます。

ちなみに、月途中でオプションを解約すると、解約月の料金は日割り計算されます。

自分にはGPS+Cellularモデルが不要だった理由

Apple Watch

タイトル回収。やはり僕の生活にCellularモデルは不要でした。

ただ「使うシーンがなかった」では参考にならないと思いますので、もう少し深堀りしてみましょう。

理由① iPhone 12 miniユーザーだったから

iPhone 12 mini

理由はの大半はこれです。

iPhoneを持ち歩かないことがないため、Apple Watchを単体で使うシーンがほとんどありませんでした。

iPhone 12 miniを使っていると、iPhoneを持ち歩くことにストレスを感じませんし、逆に、iPhoneを持たずに外出することに不安を覚えます。

もしPro MaxなどのiPhoneを使っていたのであれば、もう少しCellularモデルの恩恵を受けられたのかもしれません。

理由② モバイル通信できるより、バッテリー持ちの方が重要だから

  • Apple Watch Series 5
  • 常時表示ディスプレイオン
  • 70分のワークアウト(ランニング)
  • 就寝時にも着用

このような使用環境では、バッテリーは24時間も持ちませんでした

気付いたらモバイル通信や常時オンディスプレイをオフにするなど「いかにバッテリーを節約するか」を考えるようになっていました。

これはApple Watchによってもたらされた、本来はなくてもよい「ストレス」です。

ちなみに、一般的にはCellularモデルの方がGPSモデルよりもバッテリーを消費すると言われています。

しかし、基本的に待ち受け状態であれば、大きな違いはなさそうでした。

Apple Watchのモバイル通信「オン」「オフ」で、3時間待機したときの、それぞれのバッテリーの減りは以下のとおりでした。

  • オン:78%→70%
  • オフ:70%→62%

※いずれも常時表示ディスプレイはオフ

理由③ デュアルeSIM非対応のiPhoneを使っているから

これは個人的な理由です。ここ1ヶ月間、僕のiPhone 12 miniには

  • メイン(音声回線、eSIM):povo2.0
  • サブ(データ通信、nanoSIM):LINEMO

が入っており、今回、楽天モバイルはeSIMで契約してiPhoneに入れていました。

しかしiPhone 12シリーズはデュアルeSIMに対応していないため、通常、eSIMの枠はpovo2.0を有効にしており、楽天モバイルは「オフ」の状態でした。

すごく重要なことで、iPhoneの楽天モバイルのSIMが有効でないと、Apple Watch単体でも楽天のモバイルデータ通信は使えません。

Apple Watchで単体通信しようとしたときに、iPhoneの楽天モバイルが無効状態で使えなかった、ということが何度かありました。

楽天モバイルをデュアルeSIMで利用したいなら、iPhone 13以降、もしくはiPhone SE(第3世代)を利用しなければなりません。

その他、楽天モバイル「電話番号シェアサービス」を申し込む前に知っておきたいこと

  1. 他社のSIMとデュアルSIM状態にすると、楽天モバイル以外の着信や通知も受けられる
  2. 「電話番号シェアサービス」を設定後に、楽天モバイルのSIMを他機種に移すと、Apple Watchではデータ通信が無効になる
  3. Apple Watch単体では、iPhoneよりも体感の通信速度は遅め
  4. Rakuten Linkでは発信できない

特に2番目は知っておきたいところです。

「電話番号シェアサービス」を申し込んだあと、楽天モバイルのSIMを他のサブ端末に逃したいこともあると思います(正に今回の自分がそうでした)。

しかし、先述のとおり、iPhoneの楽天モバイルのSIMをオフ(無効)にした状態でiPhoneとApple Watchが接続された瞬間に、Apple Watchでも楽天モバイルの通信ができなくなります。

楽天モバイルの「電話番号シェアサービス」を使うには、iPhoneで楽天モバイルのSIMを有効にしておくことが必須です。

「GPSモデルで十分」はそのとおりだった

僕も使う前から「GPSで十分」とは思っていました。

とは言うものの、使ってみればCellularモデルの便利なところも見つかるだろう……、と思って1ヶ月間、使ってみましたが、僕の生活では用途をまったく見つけられませんでした

  • 単体でランニングできる!→iPhone 12 miniを携帯してます……
  • 単体で通話できる!→iPhone 12 miniを携帯してます……
  • 単体で音楽が聴ける!→iPhone 12 miniを携帯してます……

結局、僕にはiPhone 12 miniという存在がデカすぎました。そういう意味ではApple WatchのライバルはiPhone miniシリーズなのでは?という仮説が立ちました。

iPhoneのminiシリーズユーザーがApple WatchのCellularモデルを検討される際、「Cellularの機能、使うかもしれない」と思っているなら、きっと「GPSでよかった」に帰着すると思います。

楽天モバイルで開催中のキャンペーン

楽天モバイルで現在開催中の主なキャンペーンは以下のとおり。

  1. 乗り換え契約で 1.3万ポイント還元
  2. 新規契約で 2,000ポイント還元
  3. 端末購入で 最大8,000ポイント還元
    対象iPhone / 対象Android
  4. iPhone購入で 2万円還元
  5. 既存ユーザーからの紹介 乗り換えで1.3万ポイント、新規で6,000ポイント還元
    ※1〜3との併用は不可
    (僕の紹介でよろしければこちらからお申し込みください。)

>>楽天モバイルのキャンペーン詳細(公式サイト)

楽天モバイルは格安SIMと組み合わせて、さらにツヨツヨ!

楽天モバイルは他のサービスと組み合わせることで、さらにそのメリットを得られます。

おすすめのサービスの最新プランをまとめています。

また価格重視で選びたい人のために、各社の料金もまとめたので参考にして下さい。

【2024.2】主要格安SIM(MVNO)の料金一覧・比較
最新の主要格安SIMの料金を音声通話、データ通信、それぞれのSIMに分けて紹介しています。

▼合わせて参考にしてほしい記事

【実質9,001円】楽天モバイルショップでiPhone 13を契約した(記録用)
spkNote(スピカ・ノート)2023年6月、楽天モバイルショップ限定で開催されている【ショップ限定】iPhone 13 128GB 実質1円(9,001円)キャンペーンの内訳や条件、契約の流れをまとめました。
楽天モバイルのiPhone取り扱い開始で「回線自動切り替え」に対応。12シリーズ以降を買うべし
楽天モバイルがiPhoneの取り扱いを開始しました。これまでできなかった「楽天回線の自動切り替え」にも対応。対応機種や、その他の注意点も解説しています。
楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」で低速モードを使うメリットってあるん?
Rakuten UN-LIMIT Ⅵでパートナー回線エリアユーザーが低速モードを使うメリットについて考えてみました。また、容量ごとの低速モードの使い方を提案します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました