【比較】mineoの最大1.5Mbps「パケット放題 Plus」の照準はBIGLOBEのエンタメフリー?

スマホ・通信

2021年6月からmineoがデータオプション「パケット放題 Plus」を展開します。

わずか385円で最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるオプションです。

これは使い方によっては、バシッとハマる人もいるかもしれないと思ったので、オプションの特徴と、個人的におすすめの使い方を解説します。

\最大1.5Mbps使い放題オプションあり/

mineo(マイネオ)

mineoをチェックする!

mineoの新オプション「パケット放題 Plus」

「パケット放題 Plus」の概要をまとめておきます。

  • オプション料金 385円/月
  • 低速モードにすると最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題
  • 音声SIM・データSIMどちらもで加入可
  • 10GBコースのユーザーは無料
  • 3日で10GBの制限あり

実はこれまでにも、mineoには同料金で最大500Mbpsで使い放題の「パケット放題」があったのですが、今回、料金据え置きでアップグレードしました。

利用した77%のユーザーが「十分な速度」と回答

mineoが今年の3月〜4月に同じ条件(385円で最大1.5Mbps)で行った「パケット放題祭り」時のアンケート結果によると、最大1.5Mbpsで「十分な速度」と回答したユーザーは「十分過ぎる」と合わせて77%に上ったとのこと。

引用元:https://king.mineo.jp/staff_blogs/1611

これはmineo的にもユーザー的にもとても心強いデータです。

ちなみに有名どころの動画・映像系サービスの推奨速度は

  • YouTube:480pで1.1Mbps
  • ZOOM:グループビデオ・標準画質で1.2Mbps程度
  • Amazonプライム・ビデオ:標準画質で1Mbps以上

くらいです。

1.5Mbpsという基準は絶妙な塩梅ですね。

正直なところ「実測次第」

結論、パケット放題 Plusはあり?の疑問に対する回答はこうなります。

サービス開始後に、実測でどれくらい出るかにかかっています

もちろん最大1.5Mbpsと謳っていますが、1.5Mbpsで安定して使える可能性は非常に低いです。過度な期待は禁物です。

ただ、前回の同条件のキャンペーン時の口コミを見る限り、ユーザーから大きな不満はなさそうでした。

また以下は2021/05/26時点のみんそくからの平均速度(通常利用)の引用です。

引用元:https://minsoku.net/speeds/mvno/services/mineo

【回線種類ごとの平均速度】

  • ドコモ(305件):30.69Mbps
  • au(292件):30.1Mbps
  • ソフトバンク(51件):18.0Mbps

これらのデータも、契約の際の参考になれば。

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」に対抗

今回このサービスを見たときに、真っ先に競合するな〜と思ったのがBIGLOBEモバイル「エンタメフリー・オプション」です。

mineo
パケット放題 Plus
BIGLOBEモバイル
エンタメフリー
月額料金 385円 音声:308円
データ:1,078円
音声SIM
オプション込料金
・1GB:1,683円
・5GB:1,903円
・10GB:2,343円
・20GB:2,563円
・3GB:1,628円
・6GB:2,178円
対象通信 全通信 Youtubeなどの動画、
Spotifyなどの音楽など
21のサービス
対象プラン 全プラン
※10GB以上の
コースは無料
3GB以上の
コース
最大速度 1.5Mbps 非公開
※Youtubeで360p
以下を推奨
適用方法 低速モード
スイッチをオン
自動
キャンペーン 最大3ヶ月無料 最大6ヶ月無料

最大の違いがmineoの「パケット放題 Plus」には通信対象の制限がないこと。

僕は今、実際にBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを使っていますが、Podcastが使い放題にならないのが残念です。

あと、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション時の速度は非公開ですが、個人の体感としては出ていて1Mbps程度かなと思います。

  • Youtube 360p再生で読み込みに5秒くらいはかかる(動画の長さによる)
  • 360p 2倍速で再生すると止まることもある

BIGLOBEモバイルの現状のサービスに満足されている方なら、改めて乗り換える必要はないと思いますが、総合的なコスパではmineoが優位かな〜、という印象。

意識しているのは「最大1Mbps」のサービスかも?

最近はデータ通信を消費し切ったあとに最大1Mbpsで利用できるサービスがいくつか出ています。

料金
大手ネット専用
プラン
ahamo(20GB):2,970円
povo(20GB):2,728円
LINEMO(20GB):2,728円
楽天モバイル ・パートナー回線
(5〜20GB):2,178円
UQモバイル ・15GB:2,728円
ワイモバイル ・15GB:3,278円
J:COM MOBILE ・10GB:2,178円
mineo
※パケット放題 Plus加入
・1GB:1,683円
・5GB:1,903円
・10GB:2,343円
・20GB:2,563円

これまで僕は「最大1Mbpsで使う(速度制限)ことを前提で契約するならジェイコムモバイルがアツい」と伝えてきました。

しかし中には「10GBもいらんから、もっと安く1Mbpsで使わせてほしいな」という人もいたと思います。

そんな人にはジェイコムモバイルよりもmineoの1GBプランでパケット放題 Plusに入った方が納得感はありますね。

おすすめは「データSIM 1GB+パケット放題 Plus」

パケット放題 PlusのスゴいところはデータSIMでも同料金で、しかも容量の制限もなく加入できることです。

つまり最安だと1GBのデータSIM(880円)にパケット放題 Plusを付けて、1,265円で1.5Mbps使い放題のSIMが爆誕します。

タブレットなどの2台目用のSIMでもいいですし、楽天モバイル(パートナー回線)と組み合わせてもいいですね。

  • 楽天モバイル(5GB):2,178円(制限後は最大1Mbps)
  • 楽天モバイル(〜0GB)+mineo(1GB):1,265円(制限後は最大1.5Mbps)

1,265円で通話かけ放題、データ通信も1.5Mbpsで使い放題、悪くないと思います!

mineo起死回生の一手になるか

この春の格安SIM各社の料金改定でいち早く動いたのがmineoでした。

そのため、後に続いた各社に料金面で引けを取ってしまい、正直なところかなり微妙な立ち位置になっていたことは否めません。

mineoもこれには危機感を抱いていたのではないでしょうか。

今回のパケット放題 Plusは、そんなmineoの現状を変えてしまうだけのインパクトがあります。

始まってみないと何とも言えないところはありますが、どこよりも早く新プランを出して業界全体に値下げの流れをつくったmineoには頑張っていただきたいですね!

\最大1.5Mbps使い放題オプションあり/

mineo(マイネオ)

mineoをチェックする!

他の格安SIMの新プランも解説してます(オススメなやつだけ!)

僕が特に気になったサービスの新プランを解説してます。よろしければ一緒に!

【2021年春の格安SIM新プラン記事たち】

IIJmio:eSIM安すぎ
LIBMO:20GB/30GB最強
エキサイトモバイル:従量プランなら
nuroモバイル:最安of最安
OCNモバイルONE:速度含めるとコスパは最強かも
ジェイコムモバイル:地味に安くて最大1Mbps使える
LinksMate:追加SIMと組み合わせると最強感ある

シンプルに料金だけを比較したい人はこっちもおすすめ
主要格安SIM(MVNO)の料金一覧・比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました