2022年、文字起こし用にGoogle Pixel 3 XLを買った。4年遅れレビュー

gadget

2022年1月(注文したのは年末)に、4年落ちのGoogle Pixel 3 XLを購入しました。

理由はズバリ、日本語による文字起こしに対応したから。

一応、文章で飯を食べている端くれとして、いろいろと便利に使えそうだったので購入しました。

この記事では2022年の視点からGoogle Pixel 3 XLのスペックを振り返り、気になる日本語文字起こしの検証、「意外といけるところ」「やや厳しいところ」を紹介していきます。

ちな、今回はイオシスさんで購入しましたが、評判通り、品質がめちゃくちゃよかったです!

\中古を買うならお店が安心/

イオシスで中古スマホをチェック!

2022年にGoogle Pixel 3 XLを買った

Google Pixel 3 XLは2018年11月、Pixelのフラッグシップモデルとして発売しました。

日本では「Nexus 6P」以来、実に3年ぶりにGoogleから発売されたスマホとあり、話題になった機種です。

画面サイズが異なる3と3 XLが販売され、今回僕が購入したのは大きい方の3 XLの64GBモデル。発売時は119,000円だったこの端末は、イオシス16,000円で購入できました(定価の87%オフ!)。

Google Pixel 3 XLのスペック

今更スペックシートをまとめる意味もないかもしれませんが、一応。

最新のGoogle Pixel 6 とでも比べておきましょう。

  Google Pixel 3 XL Google Pixel 6
CPU Snapdragon845 Google Tensor
RAM / ROM 4GB / 64GB・128GB 8GB / 128GB・256GB
サイズ 縦:157.5mm
横:76.1mm
厚さ:7.9mm
縦:158.6mm
横:74.8mm
厚さ:8.9mm
重さ 184g 207g
ディスプレイ 6.3インチ 6.4インチ
バッテリー 3,430mAh 4,614mAh
メインカメラ 12.2MP / f1.8 ・広角 50MP / f1.85
・超広角 12MP / f2.2
インカメラ 8MP /f2.2(広角・標準) 8MP /f2.0(広角)
おサイフケータイ
防塵・防水 – / IPX8 IP68
生体認証 背面指紋 ディスプレイ内指紋
イヤホンジャック
SDカードスロット
SIM nano nano・eSIM
ネットワーク 4Gのみ 4G・5G

4年前(2018年)のハイエンドは、スペック的にはちょうど2022年のミッドレンジくらいです。

ただ体感的には、直近のミッドレンジモデルよりもストレスなく動くかも!という印象でした。

Google Pixel 3 XLの「日本語文字起こし」

冒頭でもお伝えしたとおり、今回Google Pixel 3 XLを購入した目的はボイスレコーダーによる日本語文字起こしを利用するためです。

ところで、今、iPhoneで文字起こしをするなら、Microsoft社が開発した「Group Transcribe」がおすすめです。

こちらは複数人の会話を高い精度で文字起こしできるアプリで、しかも無料で使えるということで、話題です。

そこで、Pixelのボイスレコーダーの文字起こしと、iPhone 12 miniに入れた「Group Transcribe」の文字起こしを比較してみました。

【日本語文字起こし】Pixel3 XL「ボイスメモ」vs iPhone 12 mini「Group Transcribe」

文字起こしの精度を比較

▼Google Pixel 3 XL ボイスレコーダー

▼iPhone 12 mini「Group Transcribe」

 

Pixel
「ボイスレコーダー」
Microsoft
「Group Transcribe」

渡月橋雪化粧の年越し大晦日の 31 日
強い歓喜が流れ込んだ影響で、
京都府や滋賀県は北部や山間部を中心に
積雪が 1m (を)越す地点があった。
京都市内中心部でも一時激し雪が舞い
京都彦根の領地を気象台は 1 日明け方
までが雪の響くと見て交通障害や
転倒事故などの注意を呼びかけている。

渡月橋雪化粧の年越し。

大晦日の31日、強い換気が流れ込んだ影響で、
京都府滋賀県は北部や山間部を中心に
積雪が1mを超す地点があった。

京都市内中心部でも一時劇式雪が舞い。

京都、彦根の両地方気象台は
一日明け方までが雪のピークと見て。

交通障害や。

転倒事故などの注意を呼びかけている。

今回の比較ではMicrosoftの「Group Transcribe」の方が精度が高いという結果に。

どちらも完璧とは言い難いですが、十分内容は理解できるくらい実用的に書き起こしてくれました。

使い勝手を比較

文字起こしの精度については、これ以上高くなることはないんじゃないかな?と思っています。

高くならないというよりは、これ以上の精度を求める必要がないと感じています。もうこれで十分なレベル。

そうなると利用の決め手になってくるのが、記録結果の「共有方法」などの使い勝手の部分です。

PixelのボイスレコーダーはGoogleドキュメントに書き出して共有できます(テキストデータでも書き出せます)。

一方で「Group Transcribe」もテキストデータを書き出せますが、以下のように、時刻と発話者(今回は僕の名前=test)も記録されます。

Pixel
「ボイスレコーダー」
Microsoft
「Group Transcribe」

・時間、発話者が含まれる

・Googleドキュメントで共有できる

・録音した音声は、テキストから該当箇所
を探して、再生できる

・時間、発話者が含まれる

・テキストデータで共有できる

このような特徴から、Pixelのボイスレコーダーは、

  • 自分の考えやアイデアをまとめる
    (文章の構成作成)
  • インタビュー
  • 書籍の内容を音読して記録する
  • 動画の字幕を作成する

など、幅広く重宝しそうです。

一方でGroup Transcribeは、やはり議事録の作成に特化していると感じました。

あとから音声も聞き返したいのであれば、Pixelのボイスレコーダーによる文字起こしの方が便利です。

Google Pixel 3 XLのあんま期待してなかったけど良かったところ

1.6万円だったので割り切っていたのですが、思いの外良かったな、というところがたくさんありました。

これ、2021年中に買っていたら、年間ベストバイに入っていてかも、と思うくらいに、満足度が高い買いものでした。

  • 3XLなら最近の大画面とも遜色ない
  • カメラは普通に良い
  • Google Photoの無料バックアップが使える
  • CPUはスコア以上に快適に使える

3 XLなら最近の大画面とも遜色ない

当時の「XL」サイズは、今となっては「レギュラー」サイズとなりました。

ここ1、2年で、急激にスマホの大型化が進んだことがよくわかります。

Google Pixel 3 XLは6.3インチと絶妙なサイズ感

それに加えて184gと、こちらは近年のスマホと比べると軽量なので、読書やブラウジングなど、テキストコンテンツの消費がはかどります。

もちろん動画も楽しめますが、バッテリーがネックで、あまり積極的に使いたいとは思いません。

カメラは普通に良い

もともとGoogle Pixelのカメラは、ハードでゴリゴリ攻めるというよりは、ソフトウェアで「良さそうに魅せる」ことが得意でした。

Google Pixel 3 XLも1,220万画素のシングルカメラですが、自然でキレイな写真を残せます。背景ボケも自然な感じ。

2022年に販売されているミッドレンジスマホと比べて、遜色ない、いや、余裕で上回ってしまっているくらいではないでしょうか。

超広角カメラがついていないことに4年という時の流れを感じますが、撮れない写真はメイン機(iPhone 12 mini)があるのでOK。

いや、これは本当に驚きました。

Google Photoの無料バックアップが、これから先も使える

Google Photoは2021年5月に無料のバックアップを終了し、制限が設けられました。

個人的にもそのタイミングで、すべてのスマホで撮影した画像のバックアップ先を、Amazon Photos に移行しました。

Google Pixel 3 XLで撮影した写真・動画は

  • 2022年1月末までは非圧縮の元データでアップロード可
  • それ以降も高画質(圧縮済)でアップロード可

という「Pixel特権」が付いています。

特にAmazon Photosは動画のアップロードに制限があるので、Pixel特権は地味にありがたいです。

CPUはスコア以上に快適に使える

Pixel 3 XLのCPUは当時25万点ほどでした。

今となっては「ミッドレンジ以下」のスコアなのですが、これが以外とストレスを感じません。

30万点程度のミッドレンジにあるような「たま〜にひっかかる」みたないことがありません。

Android 12が理由なのかもしれませんが、さすがはPixel、安定感が違う。

こうなると、1年くらい使うミッドレンジに3、4万出すくらいなら、Google Pixel 3 XLを2万円以下で買って絞り尽くす、という選択は大いにアリじゃないでしょうか。

Google Pixel 3 XLの少し厳しいところ

2022年現在、Pixel 3 XLを購入するときに注意したいのは、以下の3点。

  • 中古なので、やはりバッテリー持ちは厳しい
  • SIMが1枚しか入れられない
  • 21年10月でセキュリティアップデートはすでに終了

バッテリーは基本は待ち受けで、3日程度は持っています。今から買うならほぼ確実に中古になると思うので、ここは割り切りが必要。

本当に厳しくなってきたら、修理店に持ち込んでもいいですし(だいたい1万円くらい)、この価格なんで、自分で交換しちゃってもいいかな、と思ってます。

SIMが1枚しか入れられないことも、マイナス要素。

ただ、自宅で使うサブ機なら、複数枚のSIMが入れられる恩恵はそんなになさそうです。僕は楽天モバイル用の端末として使います。

Band3(楽天回線)、Band18(パートナー回線)ばっちり対応してます。

ちなみに楽天モバイルは動作保証外

Google Pixel 3 XLは楽天モバイルの対応端末一覧に入っていないばかりか、「利用できません」とされています。

しかし以下の設定で通話もデータ通信もできるようになりました。

あくまで自己責任でお願いします。

  • 電話アプリで「*#*#4636#*#*」
  • 「携帯電話情報」>「優先ネットワークの種類」
  • 「LET Only」に変更

結論、僕はこう使う

僕はメイン機のiPhone 12 mini(128GB)との2台体制で使っていこうかな、と考えています。

  • iPhone 12 mini
    外出時は常に携帯、ランニング、カメラ、Podcast、YouTube視聴など
  • Google Pixel 3 XL
    文字起こし(仕事)、SNS、Kindleで読書、ブラウジング

2台持ちの相方がiPhone 12 miniという、比較的小ぶりなスマホということもあり、うまいこと棲み分けができて、良いコンビかもしれません。

  • 少しでも安くGoogleの日本語文字起こしを試してみたい、テキスト系のクリエイター
  • Androidのミッドレンジのサブ機が欲しいと思っていた人

には、4年落ちのGoogle Pixel 3 XL、そんなに悪い選択肢ではないと思います!

あ、あと、もし中古で買うなら、イオシスはほんまにおすすめです。

今回「ランクC」の中古品の購入でしたが、上部に擦れ傷が1箇所あるくらいで、他はめちゃくちゃキレイでした。

今後メルカリなどで個人から購入することは、もうなくなるかも……。

噂に違わず質の高い中古品を揃えられており、自信を持っておすすめできます!

\中古を買うならお店が安心/

イオシスで中古スマホをチェック!

他のMVNOのプランも解説してます!

僕が特に気になったサービスのプラン・オプションを解説してます。よろしければ一緒に!

IIJmio:eSIM安すぎぃ!
LIBMO:20GB/30GB最強
mineo(パケット放題 Plus)
最大1.5Mbps使い放題
エキサイトモバイル:従量プランなら
nuroモバイル:最安of最安
OCNモバイルONE:速度含めるとコスパ最強
ジェイコムモバイル:最大1Mbps使える
LinksMate:追加SIMで最強感ある

シンプルに料金だけを比較したい人はこちらもおすすめ!

【2022.7】主要格安SIM(MVNO)の料金一覧・比較
最新の主要格安SIMの料金を音声通話、データ通信、それぞれのSIMに分けて紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました