LINEMO初のプラン改定「ベストプラン」が7月以降にスタート

2406LINEMOベストプラン スマホ・通信
景品表示法に関する記載:当記事にはアフィリエイト広告が含まれています(メディアポリシー)。

2024年6月6日、LINEMOは2021年のサービス開始以来初となる、プラン改定を発表しました。

新プランはどこが変わったのか、注意点や競合プランとの比較を行います。

==この記事の結論==

LINEMOの新プラン「ベストプラン」は2段階の従量制に。20GB〜30GBの「ベストプランV」には5分間の無料通話がつきます。

既存ユーザーにとっては改悪になる可能性が高いため、基本的にはプラン変更はしなくてもOK。

\常に何かしらキャンペーンあり/
LINEMOを見てみる

LINEMOの新プラン「ベストプラン」「ベストプランV」

LINEMO ベストプラン

LINEMOは新プラン「ベストプラン」「ベストプランV」を発表しました。

2024年7月以降、提供を始めます。

容量料金
ベストプラン〜3GB990円
〜10GB2,090円
ベストプランV〜20GB2,970円
〜30GB3,960円

それぞれ2段階の従量制です。

ベストプランは10GB、ベストプランVは30GBが上限で、それ以上、料金が上がることはありませんが、速度制限がかかります。

ベストプラン(3GB〜10GB)とミニプラン(3GB)を比較

従来のプラン「ミニプラン(3GB)」との比較はこちら。

ベストプランミニプラン
料金990円 / 2,090円990円
容量3GB / 10GB3GB
LINEギガフリー
LINEスタンプ
プレミアム
データ超過後
の速度
10GB〜15GB:300Kbps
15GB〜:128Kbps
300Kbps
データ量の
追加購入
550円/1GB
5分無料通話550円/月
※無料期間未定
550円/月
※無料期間あり

ミニプランは3GB以上利用したあとは、無制限で300Kbpsの速度で利用できましたが、ベストプランでは10GBを超えたあとは2段階の速度制限を導入。

これはワイモバイルの「シンプル2」でも取り入れられた対応です。

近年のソフトバンク回線はすこぶる快適であり(現に使っている妻も絶賛)、これらの施策が影響していると思えば、決して悪いことではないと思っています。

ミニプランから乗り換えるべき?

10GBという料金に魅力を感じるなら乗り換えてもよいが、そんな人が現在、ミニプランを契約しているかは??

ベストプランV(20GB〜30GB)とスマホプラン(20GB)を比較

スマホプラン(20GB)との違いは以下のとおり。

ベストプランVスマホプラン
料金2,970円 / 3,960円2,728円
容量20GB / 30GB20GB
LINEギガフリー
LINEスタンプ
プレミアム
データ超過後
の速度
30GB〜45GB:1Mbps
45GB〜:128Kbps
1Mbps
データ量の
追加購入
550円/1GB
5分無料通話◯(無料)550円/月
※無料期間あり

20GBの料金は242円上がりましたが、ベストプランには5分無料通話が無料で付帯することで「ahamo形式」になりました。

ただししれっと「LINEスタンププレミアム」の特典がなくなっています。これ、地味にうれしかったりしますからね。

またベストプランVもベストプランと同様に速度制限が2段階となっています。

スマホプランは20GBを超えても1Mbpsという比較的速い通信ができていたので、わりと大きめな改悪と言えそうです。

スマホプランから乗り換えるべき?

個人的にはスマホプランのままの方がメリットを享受できると思う(LINEスタンプとか、超過後の速度)。どうしても無料通話が欲しいなら、オプションで入ればOK。

当月解約ユーザーには「契約解除料」を導入

また今回のプラン改定に伴い、契約当月に解約した場合、契約解除料として990円が徴収されることになりました。

ソフトバンクとしては2022年にソフトバンクとワイモバイルで解約金を完全撤廃して以来の復活です。

現行の電気通信事業法では、定期契約の解除料は上限1,100円に定められています。

MNPホッパー対策としていますが、もっと料金を高くしたり、3ヶ月くらい縛れるような法律改正はあって然るべきでは?と思いますが……。

プラン改定の背景にあるLINEMOの思惑は?

  • もちろんARPU(1人あたりの売上)を上げたい
  • ユーザーのギガ消費の増加に伴い20GBではカバーできなくなってきた
    (それが理由で他社に乗り換えられるのを防ぎたい)
  • ミニプランでコスパ良く使っているユーザーから、取るべき料金を取りたい

「LINEMOのサービスには満足してるけど、ちょっとギガが足りない」というニーズに対して、しっかりとお金を取ることでサービス価値を向上させようという、前向きな取り組みに映ります。

競合サービスとの比較

同社内サービスのワイモバイルとの料金の比較は以下のとおり。

LINEMOワイモバイル
3GB990円2,365円
(最安1,078円)
4GB2,090円
10GB4,015円
(最安2,178円)
20GB2,970円
30GB3,960円5,115円
(最安3,278円)

ワイモバイルは割引(家族割、固定回線割、クレカ割)次第ではLINEMOよりも安く使えますが、そんなのめんどくせい!という人は、LINEMO一択。

LINEMOワイモバイル
LINEギガフリー2,365円
(最安1,078円)
LYPプレミアム
LINEスタンプ
プレミアム
◯(LYPプレミアム特典)
データ超過後
の速度
・ベストプラン:300Kbps / 128Kbps
・ベストプランV:1Mbps / 128Kbps
・S:300Kbps / 128Kbps
・M・L:1Mbps / 128Kbps
データ量の
追加購入
550円/1GB550円/2GB〜5GB
(プランにより異なる)
5分無料通話・ベストプラン:550円/月
・ベストプランV:無料
・10分無料:880円/月

ベストプランVではLINEスタンププレミアムの特典が廃止されました。そんな中でワイモバイルのLYPプレミアム特典はなかなか訴求力があります。

他社の格安系サービスとの比較

2024年6月時点で、ベストプランの対抗馬になりうる他社サービスと比較してみましょう。

▼ベストプラン

LINEMO楽天モバイル日本通信nuroモバイル
事務手数料003,3003,740
3GB9901,078730792
5GB2,0902,1781,170990
10GB2,0902,1781,3901,485

ベストプランは「10GB以下最安」と表現されていますが、あくまで「他のMNO・月額制のサービスの中で」という注意書きがあります。

つまりMVNO(格安SIM)まで選択肢を広げれば、まったく「最安」なんてことはありません。

▼ベストプランV

LINEMO楽天モバイル日本通信nuroモバイル
事務手数料003,3003,740
20GB2,9702,1782,700
30GB3,9603,2782,178
40GB3,2783,980

20GB、30GBは昨今のトレンドの容量帯で競合サービスが一気に増えます。

LINEMOのベストプランVに料金的な優位性はありません。

注意点・気になること

LINEMOのベストプラン・ベストプランVに関して、個人的に気になることや注意点をまとめておきます。

既存プラン契約者は乗り換えメリットは少ない

先に見たとおり、既存のミニプラン、スマホプランからの乗り換えメリットは多くありません。

既存ユーザーは一度解約してしまうと、旧プランを契約できなくなります。プラン変更は慎重に検討することをおすすめします。

2段階制限の導入

これも先に見たとおり。

  • ミニプランで3GBを超えて300Kbpsで使っていた
  • スマホプランで20GBを超えても1Mbpsでたくさん使っていた

という人は、乗り換えることで料金が高くなり、さらに2段階の速度制限がかかるようになります。

妥当な値上げも、既存ユーザーは基本動かなくてOK

ahamo対抗プランとして始まったLINEMOも、サービス開始から3年が経ち、いよいよプラン改定でARPU向上への動きを見せ始めました。

一企業としては真っ当な動きで、LINEMOの品質を考えれば、値上げは妥当という印象です。

一時は官製値下げによって収益が悪化した各スマホキャリアも、頃合いを見計らって、動き出しています。

今後、ユーザー的な視点に立てば、各社のスマホプランは「改悪」が続くと予想されます。いま気になっているプランがあれば、LINEMOに限らず、早めに動いておいたほうが良いかもしれませんね。

\常に何かしらキャンペーンあり/
LINEMOを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました