【写真レビュー】SUNNY(サニー)手帳2022のウィークリーを買ってみた!

diary

2018年版で初版を発売し、今回が5年目になるSUNNY(サニー)手帳を買いました(今回も自腹)。

SNSで「買ったよ〜!」という人を見ることが増え、年々気になっていた商品でした。

結論、SUNNY手帳は手帳やノートが大好きな人でも満足できる商品だと思いました。

中身を紹介していきますね!

ピックアップ!

個人的にいちばんオススメの週間バーチカル手帳は、NOLTYのリスティ1です。


引用元:https://jmam.shop/

  • 時間軸は6時から22時(上下のスペースを使えば24時間バーチカルも可!)
  • 巻末に30ページ以上のノート付き

縦21.9cm×横12.3cm(横幅はA4の紙を3つ折りして入るサイズ!)と少し大きめですが、その分たっぷり記入できます!

amazonで見てみる

「SUNNY手帳」ってどんな手帳?

SUNNY手帳は「いろは出版」さんが販売している手帳シリーズです。年々、知名度が上がってきている感があり、今、勢いに乗りまくっている商品です。

そしてなんと、いろは出版さんは京都の会社でした!

しかも左京区岩倉という、府外の方が想像する「京都」とは違った、閑静で緑も多い住宅街にその会社はあります。

フォーマットは3種類

SUNNY手帳のフォーマットは

  • ウィークリー
  • マンスリー
  • デイリー(日付フリー)

の3種類があります。

いずれも記入スペースがたくさんあるのが特徴で、ウィークリータイプは141ページ、マンスリータイプでも111ページもの方眼ノートが付いています。

2022年版は用紙を刷新

上述のようにSUNNY手帳にはたっぷりなノートが付いているので、重さが気になるかもしれません。

しかし薄さと書きやすいを両立した用紙を使うことで、重さを最小限に抑えています

また2022年度版のSUNNY手帳で使用される紙は「サンライズ手帳用紙」に変更されました。

これまでのクリーム色からホワイト系のカラーに変わり、よりコシがあり、めくりやすさが改善しているとのことです。

ざっくり、ジブン手帳とかほぼ日のような、比較的薄めな紙です。

SUNNY手帳 ウィークリー 大きさ/紙質などの外観

SUNNY手帳はカバーの種類が豊富!

SUNNY手帳はカバーの違いも楽しめます。

  • スタンダードカバー(ゴムバンドタイプ)
  • トラッドカバー(マグネットのフリップタイプ)
  • コレクションデザインカバー(デザイナーカバー)
  • 本革カバー(牛革)

【スタンダードカバー】

【トラッドカバー】

引用:https://hello-iroha.com/sunny/pickup_5.php

【コレクションデザインカバー】

引用:https://hello-iroha.com/sunny/pickup_8.php

【本革カバー】

引用:https://hello-iroha.com/sunny/pickup_9.php

個人的には今回購入したスタンダードカバーでも十分な所有感を得ました。

ちなみにSUNNY手帳は本体のみの購入もできるので、カバーは翌年以降も利用できます。

SUNNY手帳の中身と特徴

SUNNY手帳は公式サイトの情報がとにかく豊富なんで、そちらを見て頂いた方が良いのですが、ここではページ構成をサクッと見ていきますね。

  • 年間カレンダー
  • 年間カレンダー(書き込み可)
  • 月間
  • 週間
  • ノート(ナンバード)
  • MY WISH LIST
  • 年齢早見表など

年間カレンダー

年間カレンダーは見開き2年分を一覧できます。

さらに書き込みができる見開き半年の年間カレンダーが別にあります。

長期的な予定を俯瞰して確認するときに便利です。

個人的に縦一列に並んだ年間予定って好きだなぁ。予定を横書きできるのが良きです。

月数字の下には毎月のテーマや目標を書くスペースもあります。

月間ページ

マンスリーページは12月〜利用できます。

日にちの中央には横線が入っていて、午前/午後、仕事/プライベート、予定/タスクなど、その人に合わせた使い方ができます。

左下には前月、翌月のミニカレンダーもあります。

週間ページ

SUNNY手帳のメインがウィークリーページです。

いわゆる「ウィークリーノート」タイプで、時間軸は入っていません。

ノートの上部分6割くらいは白紙スペース。

さらに白紙スペースは3分割されていて、下の方には横線が引かれています。

例えば上の3分の2で予定を書き、横線の下にタスクリストを書き出すといった使い方をしてもOK。

下部は5mm方眼で自由に使えます。方眼は線が引きやすいのもグッドです。

ノート(ナンバード)

SUNNY手帳(ウィークリー)自慢の大容量141ページのノートです。

1年に換算すると、1日半ページ以上使える量です。

これだけあれば、1年間のノートをSUNNY手帳だけにまとめることもできそうです。

ノートページはドット軸で文字や線もきれいに書けます。

方眼が苦手な人はこちらの方がうれしいですね。

さらにめっちゃいいのが、すべてのノートページにページ番号が振られていること。

ノートは見返すことに意味があり、パラパラと振り返ることができるのが、紙の手帳の良いところです。

ページ番号があることで検索性が良く、例えば、ウィークリーページと紐付けることができます。

また、ノートページの冒頭には全ページ分の内容を記入できるインデックスがあります。

全ページというのはスゴイです……!検索がめっちゃはかどりそう。

MY WISH LIST

いわゆる「やりたいことリスト」ですが、SUNNY手帳はとにかく収録されている種類が多すぎる!

  • やりたいことリスト
    (仕事、生活習慣など9ジャンル)
  • 行きたいところマップ
    (世界/国内)
  • 読みたい本リスト
  • 観たい映画リスト
  • 行きたい場所リスト
  • 欲しいものリスト
  • 大切にしたいことリスト
    (嬉しかったこと、感動したことなどを書き留めておく)

個人的にはいちばん最初のやりたいことリストに「◯◯へ行きたい」みたいな感じで入れてしまうと思うので、「行きたい場所リスト」などの他のリストが埋められなくなりそうなのが目に見えてる……笑。

この手のリストを毎年がっつりとつくりたい人にはうれしいページですね。

年齢早見表など

最後に付録として付いています。

他の手帳にもよくある年齢早見・用紙サイズ表などです。

SUNNY手帳を実際に手にして感じた「細かいさり気なさ」

実際に手にしてみて感じたのが「細かいところのさり気なさがいいなぁ」ということでした。

例えば「読みたい本リスト」の上部にあるジャンルの記載。

このリストにはジャンルを書く列があるのですが、「あれ、ジャンルって何書けばいいんだっけ……」となる人もいると思います。

そんな人には予めジャンルが示されていると助かります。

「このように手帳を使ってください!」という強制とも違う、そっとサポートしてくれるような気づかいが、うれしいです。

先程も見たフリーページのナンバードもその内のひとつ。

これ、全ページに書いていくのは、ほんまに面倒なので助かります。

「ページ数は要らない」という人も、これくらいのさり気なさなら、邪魔になることもありません。

これらひとつひとつはすごく地味ではありますが、作り手のこだわりが伝わってきて、うれしい気持ちになります。

黄色とグレーの配色が良い!

あと、個人的にいいなぁと思ったのが、中の色が黄色とグレーで統一されているところ。

例えば普通は青、赤を使いたくなるような土日も、2色で表現しています。

しかも直感的に黄色が日祝だということがわかる!

中の配色にもここまでこだわりがあると、手帳カバーも黄色かグレーで統一したくなるかもです。

公式サイトの「手帳の使い方アイデア」がめちゃくちゃためになる!

SUNNY手帳の公式サイトには、とてもたくさんの手帳の使い方例が紹介されています。

このようなコンテンツって、手帳好きの人にはたまりませんよね。

仕事を忘れて、余裕で半日くらい見ていられます。

SUNNY手帳ユーザーでなくても参考になると思うので、みなさんもよろしければ覗いてみてくださいね。

SUNNY手帳 おすすめの書き方アイデア>

1年後の使い込んだときをイメージするのが楽しい手帳

SUNNY手帳は「1年後をイメージするのが楽しい手帳」です。

ノートもたくさん付いていて、この1冊にすべてをまとめることも決して難しいことではありません。

個人的には手帳全体のトーンや統一感がすごく好みで、がっつり1年使うと楽しいだろうなぁと思いました。

また京都の会社ということもあって、これからも注目していきたいと思ってます!

おまけ…筆者の週間バーチカル歴

2016年、自身初の週間バーチカルタイプを使用しました。

使用したのは高橋手帳のニューダイアリーアルファ11 ウィークリーNo.105

2022年版↓↓

コンパクトでありながら、週間バーチカルの良さを十分発揮してくれたこの手帳。

そして2018年か3年間使ったのがリスティ1。トラベラーズノートやカ・クリエらと相性がいいサイズ感。

2022年版↓↓

また2022年版の手帳を自腹で買って中身を紹介していますので、よろしければ合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました