【初版】FOCUS手帳の中身、9つのワークに取り組んでみた感想

diary
■増刷/Amazonでの販売はなし!
初版にもかかわらず注文が殺到しているようで、10月上旬に完売する見込みとのことです。
そのためAmazonでの販売はなく、2022年度版については増刷予定もないようです。

先日、読者さんから「FOCUS手帳が気になっています!」という声をいただきました。

お恥ずかしい話、まったく知らなかったのですが、2022年版で初めて発売する商品のようでした。

さっそく購入してみたので、中身を中心に紹介。感じたこともお伝えします!

ピックアップ!

個人的にいちばんオススメの週間バーチカル手帳は、NOLTYのリスティ1です。


引用元:https://jmam.shop/

  • 時間軸は6時から22時(上下のスペースを使えば24時間バーチカルも可!)
  • 巻末に30ページ以上のノート付き

縦21.9cm×横12.3cm(横幅はA4の紙を3つ折りして入るサイズ!)と少し大きめですが、その分たっぷり記入できます!

amazonで見てみる

FOCUS手帳とは

FOCUS手帳は2022年版で初めてつくられた商品です。

静岡を拠点に美容業界で活躍されている経営者の小中澤貴子さんが考案されました。

小学生の頃から手帳に興味があり、自分の納得いくものをつくろう!と出版を決意されたようです。なんと今年は自費出版だとか!

人生が整う「頭の中」と「心の中」を繋ぐ人整手帳

FOCUS手帳のコンセプトは「人生を整える」です。

手帳には9種類のオリジナルの「ワーク」が収録されています。ワークに取り組み、自分と向き合うことで、人生を整えることを目指します。

手帳のタイトルの「FOCUS」は「自分の人生にフォーカスしてほしい」という小中澤さんの願いが込められています。

B6サイズ、淡いクリーム色の本文紙

手帳のサイズは持ち運びを意識したB6サイズ。

品質にこだわりがある手帳メーカーに制作を依頼されており、本文紙は目に優しいクリーム色です。

FOCUS手帳の中身

FOCUS手帳の中身を紹介していきます。

  • 年間カレンダー
  • 9つのワーク
  • 月間
  • 週間

年間カレンダー

最初に2年分の年間カレンダーがあります。

予定などは書けませんが、曜日や連休をチェックするのに便利です。

9つのワーク|動画解説付き

FOCUS手帳最大の特徴が多くのページが割かれている9種類のオリジナルのワークページです。

ワーク 内容
ライフイベント 10年間のイベント表
ビジョンマップ 夢や理想を自由に書くページ
6つのバランスシート 人間関係、仕事・キャリア、
お金・経済、健康・美容、遊び・楽しみ、
家族・パートナーの6つの人生カテゴリの
現状把握と行動プラン
人生と今年のゴール 人生と今年のゴールを達成するための3つのワーク
自分取り扱い説明書 自分の対処法
最高な1日 理想の1日をオン/オフで決める
バケットリスト 死ぬまでにしたいことリスト
ガントチャート 自分が把握したいことを記録
今月のワーク 毎月のゴール、テーマ、リストを決め、
クリアするための4つのワーク

どれも自分としっかり向き合って書いていくスペースです。

難しいと感じるかもしれませんが、手帳購入者にはそれぞれのページの使い方を動画でくわしく教えてもらえます

月間|一粒万倍日などの記載あり

マンスリーページは見開き2ヶ月です(2021年10月〜2023年1月)。

一粒万倍日(☆、何かを始めるのに良い日)、天赦日(★、日本の暦の上で最上の吉日)の記載もあります。

週間

週間バーチカルページはあさの4時から22時まで。土日均衡です(2021年9月27日〜2023年1月1日)。

「ギチギチに埋める必要はなく、現状の時間の使い方を把握することが大切」だと小中澤さんはおっしゃってくれています。

また4時から22時以外は予定を入れてほしくない、との願いから、この時間軸が採用されたようです。

ワークに取り組んで感じたこと

今回、この記事を書く前に、実際にすべてのページのワークに目を通して、できるものから取り組んでみました。

結論、かなりがっつりと自分と向き合えます

そして、そう簡単には埋められないワークがあるのも事実です。

目標・夢・理想が意外と書けない

僕はこれまでにもわりと、人生の大事にしていることとか、理想的な状態などは、言語化するようにして来ました。

しかし、改めて今回のワークに取り組んでみると、「あれ?意外と書けないかも……」ということに気づきました。

ふだん意識していることでも、いつもと違うアプローチで質問されると、自分の考えの浅さに気付けたり、新しい思考に踏み込めることがあります。

目標を立てたり毎月の振り返りが苦手な人におすすめ

FOCUS手帳の最大の特徴が、毎月取り組める「今月のワーク」ページです。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=w7Ry3pa32rM&t=585s

今月のワークページは月ごとにあり、「毎月のゴール、テーマ、リストを決めて、月末に振り返る」という一連のワークを、1年通して、繰り返し行えるようになっています。

毎月のゴールは年間の目標を細分化して設定する、とはよく言われることですが、僕はこれがめちゃくちゃ苦手です。

また月の目標をうまく設定できてないので、振り返りも適当になってしまいます。

そして自分の成長を感じられず、自己嫌悪に……というパターンが多いです。

このワークをすることで圧倒的な早さで結果を出し続けることができると小中澤さんはおっしゃいます。

2022年は1年を通してこのワークに取り組んでみたいと思っています。

ワークショップを無料で受けられる

2022年が初版となるFOCUS手帳。

「初版アップデート特典」として、購入者は手帳の使い方に関するワークショップ2種類に無料で参加できます。

  1. 自分と向き合う90分
  2. 人生を整える120分

ぶっちゃけ、FOCUS手帳は手帳としては決して安くありませんが、このセミナー代を含んでいると考えると不安になるくらいです。

もちろん1年を通して行動し成長を実感できれば、手帳代なんて安すぎる投資です。

もっと厳しいこと言われると思ってた(笑)

小中澤さんはバリバリの経営者(にみえる)ので、「自己成長!!」とか「もっと高みへ!」というタイプの手帳かと想像していました。

確かにワーク自体は簡単に埋められるものではありませんし、時間がかかるものもあります。成果を出すには、ある程度の「負荷」をかける必要はあります。

しかしこの手帳は「そこまで肩に力を入れる必要はない」ということを、しきりに伝えてくれています。

  1. 全部書かなくてOK
  2. 綺麗に書かなくてOK
  3. 書きたい時に書いてOK

このあたりも小中澤さんの絶妙なバランス感覚と人柄が滲んでいるなぁと思いました。

本当に手帳が大好きなことが伝わってきます。そういう商品とかサービスって、応援したくなりますよね!

来年以降も継続して発刊されるように、まずは今年、少しでも多くの人の手に届いたらいいなぁと思います。

FOCUS手帳公式サイト>

※Amazonでの販売は9月中を予定されているとのことです。

おまけ…筆者の週間バーチカル歴

2016年、自身初の週間バーチカルタイプを使用しました。

使用したのは高橋手帳のニューダイアリーアルファ11 ウィークリーNo.105

2022年版↓↓

コンパクトでありながら、週間バーチカルの良さを十分発揮してくれたこの手帳。

そして2018年か3年間使ったのがリスティ1。トラベラーズノートやカ・クリエらと相性がいいサイズ感。

2022年版↓↓

また2022年版の手帳を自腹で買って中身を紹介していますので、よろしければ合わせてどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました