【比較】LIBMOユーザーがうらやましがるOCNモバイルONEのメリット丨デメリットも紹介

格安SIM

引用元:OCNモバイルONE

LIBMO(リブモ)ユーザー(3年以上)の私だって、他の格安SIMが羨ましく見えることもあります。

今回は、LIBMOユーザーから見た「OCNモバイルONE」のいいところと微妙なところを紹介します。

  • LIBMOとOCNモバイルONEで迷っている人
  • どちらかからの乗り換えを考えている人
  • OCNモバイルONEの口コミが知りたい人

は参考にしてください。

先に結論を言っておくと、OCNモバイルONEはめっちゃ良いサービスです。普通に使うならLIBMOの上位互換と言ってもいいでしょう。

私はこの記事を書いたあとにOCNモバイルONEを契約しました。なので、どちらの使用経験もあるユーザーの声として、参考になると思います。

LIBMO公式サイトでチェックする

OCNモバイルONEは「ドコモの親戚」

引用元:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは「ドコモの親戚」です。

運営しているのはNTTグループの中核企業「NTTコミュニケーションズ株式会社」です。

今、通信業界では通信料金値下げの話題で持ちきりです。ソフトバンク、auはそれぞれワイモバイル、UQモバイルというサブブランドがあり、それらのブランドを利用しながら、料金値下げを模索しています。

ドコモは現時点ではサブブランドがありませんが、このOCNモバイルONEをサブブランドと位置づけるのでは?という話もあったり、なかったりします。

もちろん、OCNモバイルONEで使える回線はドコモ回線のみです。

OCNモバイルONEは2019年に「新コース」で生まれ変わった

正直なところ、OCNモバイルONEは2019年までは、老舗ではあるものの際立った特徴もない微妙な格安SIMでした(以前からセールは有名でしたが)。

しかし、2019年11月20日にそれまでとは全く別のサービス「新コース」を始めたことで、料金も安くなり速度も劇的に改善しました。

2020年10月現在、サブブランドを除く格安SIMの中では、最も安定した速度が出ているサービスのひとつと言ってもいいでしょう。

OCNモバイルONEのプラン(LIBMOとも比較)

OCNモバイルONEの新コースの料金プランは以下の通り。

音声 SMS
データ
データ LIBMO
(音声)
1GB 1,180円 1,180円
※ライトプラン
3GB 1,480円 1,000円 880円 1,580円
6GB 1,980円 1,500円 1,380円 2,180円
10GB 2,880円 2,400円 2,280円 2,980円
20GB 4,400円 3,920円 3,800円 4,680円
30GB 5,980円 5,500円 5,380円 6,580円

LIBMOの音声プランとも比較してます。

OCNモバイルONEの音声SIMは1GBプランがあり、LIBMOはその代わりにライトプラン(最大200Kbpsで無制限)があります。

それ以外のプランは奇跡的に同じです。全体的にOCNモバイルONEの方が割安感があります。

OCNモバイルONEの速度(LIBMOとも比較)

前述の通り、OCNモバイルONEの速度は格安SIMの中でもかなり安定している方です。

みんそくの直近の結果を引用してみましょう。

OCNモバイルONEは直近3ヶ月で474件、LIBMOは16件の平均です(じ、じゅうろく…)。

OCNモバイルONE
(下り/上り)Kbps
LIBMO
(下り/上り)Kbps

(5:00〜8:59)
51.13/11.67 3.37/2.85

(12:00〜12:59)
18.1/10.79 4.04/8.73

(16:00〜18:59)
23.76/11.76 12.17/9.05

(20:00〜22:59)
42.72/12.13 56.0/16.63
深夜
(0:00〜4:59)
57.64/14.15 28.98/3.8

引用元:https://minsoku.net/(2020/10/25確認)

みん速は実際よりも速めな数値が出がちという前提をしてでも、さすがOCNモバイルONEですね。格安SIMで速度も譲れない人は、OCNモバイルONEを選んでおけば失敗することはないでしょう。

LIBMOは完敗かと思いきや、実は夜の時間帯はOCNモバイルONEを抑えてたりします。てか、LIBMOの夜の時間帯めっちゃ速い

でも、夜ってふつうは家にいるので、そこまで速度出なくてもいいんですよね(本音)。

【メリット】OCNモバイルONEのいいところ

LIBMOユーザー目線でOCNモバイルONEのいいところを紹介していきます。

1GBコースがあること

全く高速通信できないのはしんどいけど、1GBもあれば十分ってケースでは、1GBプランがあるのはうれしいですよね。

在宅ワークになったことで、ほとんど通信量を消費しなくなったという人も多いと思います。

LIBMOはライトプランの次がいきなり3GBなので、少しもったいない感が否めません。

以下は、LIBMO非公式の1.5GBプランを使う方法です。

SIMカードの追加手数料がタダ

引用元:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/campaign/1911-simadd.html

OCNモバイルONEはSIMカードを追加して、親回線の容量をシェアできます。

2020年10月現在、SIMカードの追加にかかる手数料が無料になっています。1年くらいやっているキャンペーンなので、このままデフォになる可能性が高いです。

LIBMOはSIMを1枚発行するごとに、きっちりと3,000円の手数料がかかります。

お昼の通信速度が格安SIMの中でも割と速い方

2020/10/25時点のみんそくの「格安SIM通信速度ランキング」では、OCNモバイルONEは16サービス中6位です。

  1. UQモバイル
  2. IIJmio
  3. Ymobile
  4. b-mobile
  5. イオンモバイル
  6. OCNモバイルONE

先に見た直近3ヶ月の速度では、お昼も割と速そうだったので、速度を心配する必要はなさそう。

ちなみに、LIBMOは16サービスの中に入ってません。

扱っているスマホがめっちゃ豊富&セールがお得すぎ

引用元:https://simseller.goo.ne.jp/

OCNモバイルONEと言えばお得すぎるスマホセールが有名です。格安SIM・ガジェ好きな人ならもはや常識ですね。

NTTレゾナントが運営する「goo Simseller」というECサイトからめちゃお得にスマホが買えます。

私が今回OCNモバイルONEを契約したのも、このセールに釣られてのこと(iPhone SEが欲しかったんです…!)。

LIBMOも比較的早くからiPhone SE(第2世代)を扱ったり、端末購入サポートプログラムがあるなど、格安SIMの中では端末の販売にも力を入れている方だと思います。

無料で公衆Wi-Fiが使える

私はほとんど外出しなくなったので、そこまで恩恵はありませんが、OCNモバイルONEユーザーは全国87,000ヶ所以上の公衆無線Wi-Fiが無料で使えます。

使えるお店などの一例を見てみると…。

ぶっちゃけ、これらのお店って、お店独自の無料Wi-Fiがあったりするので、そこまでメリットないかもですね…。

また、Do SPOTというステッカーが貼ってあるお店で使えるみたいですが、見たことありますか?

MUSICカウントフリーが便利そう

OCNモバイルONEの追加料金なしで加入できるオプションに「MUSICカウントフリー」があります。

  • Amazon music
  • ANiUTa
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • Rec Music
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック

のデータ容量がカウントフリーになります。

個人的にはradikoあたりが対象だとうれしいなーと思うんですが、タダで使えるので、そこまで多くは望めませんね。

データチャージが安い

個人的にはデータをチャージすることはないので、そこまで大きなメリットではないのですが、

  • OCNモバイルONE…500円/1GB
  • LIBMO…1,000円/GB

と、LIBMOの半額でチャージできます。

2020年10月現在、キャンペーン価格として、LIBMOでも500円/GBでチャージできます
また、LIBMOは200円/100MB単位でチャージすることもできます。

バースト転送機能がある

OCNモバイルONEは低速モード時(最大200Kbps)のバースト転送機能があります。

Webの読み込みなどが速くなるので、体感のストレスも低減されます。

ちなみに、LIBMOはバースト転送機能がない上に、低速モードは128Kbpsに制限されるので、Webブラウジングはかなり厳しいです。

【デメリット】OCNモバイルONEの微妙なところ

OCNモバイルONEのデメリット的なところもお伝えします。

あまりデメリットらしいデメリットはないのですが、LIBMO(他社)ユーザー視点から見たデメリットをお伝えします。

容量シェアはLIBMOが圧倒的に安い

引用元:https://www.libmo.jp/option/data-share/

データ容量のシェアで言うなら、業界一安いLIBMOも黙ってません。両者の毎月の容量シェアの料金比較は以下のとおり。

OCNモバイルONE LIBMO
音声SIM 1,000円 820円
SMSデータSIM 520円 260円
データSIM 400円 120円

これはOCNモバイルONEのデメリットというよりも、LIBMOのメリットと言えます(データSIM1枚120円とか安すぎます!)。

30GBプランの使い勝手はLIBMOの方が上

デフォルトの30GBプランはLIBMOの方が高いですが、LIBMOには30GBプランにいくつかの選択肢が用意されています。

  • 学生支援…音声SIMが2,980円で使える
  • ペア割30…2枚のSIMでシェアしながらお得に使える
  • TLCプラス&ペア割30…TOKAIホールディングスの他のサービスと一緒に契約するとさらにお得に使える

正直なところ、30GBも使うならLIBMOもOCNモバイルONEもあまりおすすめはしません。普通に大手キャリアを使った方が幸せになれそうです。

IDやメールアドレスやらが多くてややこしい

今回OCNモバイルONEを契約した際に、

  • お客様番号
  • 認証ID(ユーザー名)
  • OCNメールアドレス

といったID系がドバっと付与されて、かなりややこしいと感じました。

例えばOCNモバイルONEのアプリにログインする際に、なぜかOCNモバイルONEで付与されたメールアドレスが必要だったり、ごちゃごちゃしていて、結構ストレスを感じました。

OCNモバイルONEはデメリットらしいデメリットがない

もちろん、格安SIMとしての根本的なデメリット(速度とか)はありますが、OCNモバイルONEには、デメリットというようなデメリットはありません。

格安SIMで失敗したくななら、普通におすすめできます。

ドコモのサブブランドと言われても遜色ないくらいのサービスです。ワイモバ、UQモバイルあたりとも迷っていてるなら、両者よりも割安なOCNモバイルONEも選択肢に入れてもいいかもしれません。

OCNモバイルONE公式サイトでチェックする

さいごに…僕がLIBMOを使っている理由

僕がLIBMOを使い続けている理由は、数ある格安SIMの中でも最安レベルだからです。

LIBMOはTOKAIホールディングスの株主優待を使うことで、オトクに使えます!

300株保有したときの毎月の料金は以下のとおり(税込)。

  • ライトプラン(200kbps)…448円
  • 3GBプラン…888円(オススメ!!)
  • 6GBプラン…1,548円
  • 10GBプラン…2,428円

また、現在、以下のお得なキャンペーンを実施しています!

①端末購入サポートプログラム
  • 新規契約で端末をセットで購入すると、300円×24ヶ月間(最大7,200円)毎月の通信費から割引!
  • 1年以内の契約解除料(9,500円)が免除!

②機種変更・端末追加キャンペーン

  • 現行のLIBMOユーザーが機種変更・端末の追加購入で200円×12ヶ月間(最大2,400円)毎月の通信費から割引!

\株主優待を使わなくてもおすすめできます/

LIBMO公式サイトでチェックする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました