【手順と比較アリ】やよいの青色申告からマネーフォワードクラウドへ乗り換えようとしてやめた

job

フリーランスにとって「帳簿付け」は避けられない大切なお仕事。

先人が獲得してくれた「申告納税」の権利をしっかり使わせてもらうために、日々の営みは正しく記録したいですね。

僕は2020年開業当初、1年間は無料で使えるということで「やよいの青色申告 オンライン」を使いました。

大きな不満はなかったのですが、1回目の確定申告を終えたタイミングで、「Money Forward(マネーフォワード)クラウド」に乗り換えました。

でも、マネーフォワードの試用期間ギリギリのところで、やっぱり乗り換えるのをやめました。

今回は僕のようなライトな?個人事業主に向けて、やよいからマネーフォワードへの乗り換えの手順や、両方のサービスを使って感じたことなどを共有します。

会計ソフトの比較記事ってバリバリな案件ばかりなんで、そんなのばかりに疲れてしまった人は、ごゆるりと見ていってください(この記事もそうですけどね)。

マネーフォワードを見てみる

やよいからマネーフォワードへの乗り換え手順

最初に「やよい」→「マネーフォワード」の乗り換え手順をお伝えします。

  1. マネーフォワードに登録(1ヶ月無料)
  2. マネーフォワードのアカウント作成(orログイン)
  3. マネーフォワードの初期設定もろもろ
  4. やよいからデータをエクスポート&加工→インポート

ざっくり、以上のような感じです。

ただ、僕は乗り換えようとしたタイミングが3月で、やよいに登録していた当年度の仕訳が20くらいしかなかったので、すべて手動でデータを移しました。

① マネーフォワードに登録(1ヶ月無料)

マネーフォワード公式サイトにアクセスして、新規登録します。

マネーフォワードのプラン「パーソナルミニ」と「パーソナル」は、どちらも1ヶ月間は無料で使えます。とりあえず「パーソナル」を選んでおけばOK。

② マネーフォワードのアカウント作成

画面に従って初期登録をしていきます。

最初にマネーフォワードのアカウントの作成があるのですが、ここでうれしすぎる誤算がありました。

マネーフォワードって、事業用のサービスとは別に「マネーフォワード ME」という、個人の家計簿サービスもあるんですよね。こっちの方が先に始まったサービスで、個人の資産管理に使ってる人も多いと思います。

そして、そのアカウントは「マネーフォワードクラウド」のアカウントと共通なのです。

つまり、これまで「ME」で登録してた銀行口座やクレジットカードを、そのまま引き継ぐことができます!これで、登録の手間がかなり減りました。

マネーフォワードMEをすでに使っていて、面倒なのがイヤだという人は、これだけでマネーフォワードを選ぶ価値はあると思います。

③ マネーフォワードの初期設定もろもろ

事業者名や業種、申告の種類(青色or白色)、免税事業者かどうか、などの初期設定をします。

これも画面に従ってやってくだけなんで、難しくありません。

④ やよいからデータをエクスポート&加工

僕は今回、この手順は踏みませんでした。そもそも、今年度の登録している仕訳が少なかったからです。

しかし、やよいで

  • がっつり勘定科目をカスタマイズしてる
  • 年度の途中で、すでにけっこうな仕訳を登録してる

という場合は、やよいからデータをエクスポートして、マネーフォワードにインポートするのが良さそう。

と、素人目では思いますが、そのとおり「完全に素人」です。そんな簡単にはいきません。

まず、マネーフォワードのインポート機能には「弥生会計」からの取り込みメニューはありますが「やよいの青色申告」からの項目がありません↓↓

一方、やよいの青色申告オンラインでエクスポートできるのは「期首残高」と「取引データ」のみで、「勘定科目」はないみたい。

しかもエクスポートできるのは「弥生インポート形式」という.txtファイルで、これは直接、マネーフォワードには取り込めません。

一応、

  1. .txtファイルをcsvファイルに加工
  2. マネーフォワードで「インポート用のファイル」をダウンロードしてコピペ
  3. マネーフォワードの「弥生会計からインポート」データをインポート

という手順で、仕訳のインポートはできなくはないみたいです。

以下の記事で詳しく解説されていたので、すでにたくさん仕訳を登録している人は、参考にしてみてください(けっこう古めな記事なので、最新の情報はご自身で調べてみてくださいね)。

やよいの青色申告オンラインからマネーフォワードクラウド(確定申告)へ取引データをインポートさせる方法 | ゆとり世代の投資家jun
みなさんどうもクラウド会計!やよいの青色申告オンラインを使っていた@xi10jun1です。 1年間やよいの青色申告オンラインを使っていたのですが、マネーフォワードクラウドも使ってみ...

やよい vs マネーフォワード丨スペック・料金比較

「やよいの青色申告オンライン」と「マネーフォワードクラウド」。できることや料金を比較しておきましょう(個人事業主向けサービスの比較です)。

やよいの青色申告
オンライン

(セルフプラン)
マネーフォワード
クラウド

(パーソナル)
確定申告書作成
銀行・クレジットカード
明細の自動取り込み
取引・残高、
損益、貸借レポート
見積・請求・
納品・領収書の作成
別サービス
(Misoca)
その他 経費・給与・社会保険・
勤怠・マイナンバー
無料期間 1年 1ヶ月

クレジットカードや銀行口座の自動取り込み設定ができることや、残高、損益、貸借レポートが見られることなど、基本的な機能はおなじ。

そもそもの枠組みとして、一番違うのが「請求書の発行サービスがセットになっているかどうか」という点です。

「やよいの青色申告オンライン」は、確定申告書の作成に特化したサービスです。同じく弥生がMisoca(ミソカ)という請求書作成サービスもやってますが、これは別料金です(無料プランもあります)。

対して、「マネーフォワードクラウド」は「青色申告書の作成から請求書などの発行、経費・給与・社保・勤怠・マイナンバー管理」がワンパッケージになったサービスです。

(ホームページではそのことがわかりにくかったので、サポートに聞きました。)

マネーフォワード クラウドの有料プランは、確定申告や請求書、給与などの各サービスがセットになったプランです。

そのため、ご希望のパーソナルプランでは、確定申告と請求書がパーソナルプランの価格で(追加料金なく)ご利用いただけます。

完全に個人で仕事をしているなら給与や社保管理などのサービスはいらないですが、請求書の作成は追加料金なしで利用できるので、安心してください。

料金比較

やよい、マネーフォワードともに3種類のプランがあります。

▼やよいの青色申告オンラインの料金プラン

  • セルフプラン…8,800円(1年無料)
  • ベーシックプラン…13,200円
  • トータルプラン…22,000円

▼マネーフォワードクラウドの料金プラン

  • パーソナルミニ…10,560円
  • パーソナル…12,936円(1ヶ月無料)
  • パーソナルプラス…39,336円

やよいのトータルプラン、マネーフォワードのパーソナルプラスは電話サポート、業務相談が受けられるプラン。なので、最低限の簿記知識がある個人なら、そこまではいらないかな。

ちなみに、やよいの請求書発行サービス「Misoca」の料金は以下のとおり。

▼Misocaの料金プラン

  • 無料プラン…5通/月までなら無料
  • プラン15…15通/月まで 8,800円/年
  • プラン100…100通/月まで33,000円/年

やよいもMisocaも使うなら、それぞれの料金の支払いが必要です。

やよいなら「セルフ」で十分(僕の場合)

弥生の青色申告オンラインの「セルフプラン」と「ベーシックプラン」の大きな違いは、操作のサポートを受けられるかどうか

少しでも簿記の知識があったり、自分でググれるなら、セルフプランでOK。

また、月の請求書の発行が5通以下ならMisocaの無料プランが使えます。

もちろん、やよいユーザーでなくてもMisocaは使えますし、やよいユーザーだからといって、Misocaを使わないといけないわけでもありません。

マネーフォワードは「パーソナルミニ」と「パーソナル」でけっこう違う

一方で、マネーフォワードクラウドの「パーソナルミニ」と「パーソナル」は、けっこう違う部分があります。

  • パーソナルミニには「消費税集計機能」「口座残高照会・帳簿残高との突合」機能がない
  • パーソナルミニで見られるレポートは「キャッシュフロー」のみ
  • パーソナルミニでは請求書作成の「毎月自動作成」「回収消込」「郵送、メール送信等の一括操作」ができない

といったあたりが違ってきます。

2023年10月からはインボイス制度が始まるので、消費税集計とかが必要になってくる個人の方もいると思います。

必要ない可能性もありますが、年額2,400円程度の差額なら「パーソナル」を選んでおいていいのかな、と思います。

やよい「セルフ」かマネフォ「パーソナル」か→請求書を5件発行するか

やよいの「セルフプラン+Misoca」とマネーフォワードの「パーソナル」を比較すると、

  • セルフプラン…8,800円+Misocaの料金(0円/8,800円/33,000円)
  • パーソナル…12,936円

Misocaの無料プラン(月に5件までの請求書作成)でいけるなら、やよい+Misocaの方が4,000円くらい安くなります。

一方で、請求書を5件以上発送するならマネーフォワードの方が4,000円以上安くなります。

マネーフォワードの方がいいと感じたところ

以下、個人的主観になりますが、「やよいの青色申告オンライン」を1年間使った僕が、その後に「マネーフォワードクラウド確定申告」を使ってみて「おおお!ええやんか」と思ったことを挙げてみます。

  • UIはマネーフォワードの方が洗練されてて好み
  • マネーフォワードの方がサクサク動くような気がする
  • マネーフォワードMEの口座連携をそのまま引き継げる

個人的に使っていてストレスが少ないのはマネーフォワードでした。

僕はM1Mac+Chromeという環境で使ってますが、マネーフォワードの方がサクサク作業できるように感じます。

先にも述べましたが、「マネーフォワードME」の口座連携をそのまま引き継げるのもグッド。

全体的にUIはマネーフォワードの方が洗練されてて操作感が◯

以下、好みの部分もありますが…。

例えば仕訳入力の画面。マネーフォワードの方が洗練されているように感じました。

▼マネーフォワードの「振替伝票」入力画面

▼やよいの「仕訳の入力」画面

なんだろう、一言で表すと「令和vs平成」みたいな?

入力した仕訳内容もマネーフォワードは色付きでわかりやすい。やよいは無機質な感じ。

▼マネーフォワードの「振替伝票」の仕訳一覧

▼やよいの「仕訳の入力」画面の仕訳一覧

やよいからマネーフォワードへ、乗り換えのベストタイミングは?

個人的に考えるベストタイミングは、正に僕が今回乗り換えたタイミングだと考えます。

つまり、乗り換えるなら「個人事業主としての最初の確定申告を終えた直後」がベストだと考えます。

その理由は、

  • やよいの青色申告オンラインの「セルフプラン」は1年間無料で使えるから、とりあえず確定申告ソフトがどんなものなのか(自分に必要なものなのか)知るのに最適
  • 2年目だったら、どっぷりやよいに慣れているわけでもないので、比較的乗り換えのハードルが低い

やよいの青色申告オンラインは、とにもかくにも1年無料で使えることが大きいです。

1年使ってみて、確定申告ソフトとはどんなものか、ということが理解できたら、やよいをそのまま使い続けるか、マネーフォワードクラウドに乗り換えるか判断すればいいと思います。

まとめ:それでも僕は、やよいで生きていくことにした

なんですが、冒頭でも言ったとおり、僕は「やよいの青色申告オンライン」を使い続けることにしました。

確かに「マネーフォワードクラウド確定申告」の方がサクサク動くし、UIもきれいだし、使っていて気持ちがいいし…。

でも、そもそもの青色申告ソフトの目的に立ち返ったとき「そこって重要?」という思いになりました。

そりゃ、UIも使い心地もいいに越したことはないけど、抜け漏れなく経理が記録できるなら、それで十分なわけでして。

  • 月に1回しかソフトを立ち上げない
  • 請求書の発行も5通で収まる(超えたらSpreadsheet使えばいいし)

というような僕のような人には、料金が4,000円安く使える「やよい+Misoca」でいいかな〜、と判断しました。

以下、個人的なまとめ!参考にしてもらえるとうれしいです!

  • 安く使いたいならやよいの「セルフプラン」+Misoca「無料プラン」=8,800円
  • 確定申告ソフト以外も使いたい・月に5通以上の請求書を発行する・マネーフォワードMEとの連携を重視するならマネーフォワード「パーソナルプラン」=12,936円

マネーフォワードを見てみる

やよいの青色申告を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました