【紹介コードあり】J3サポへ!povo2.0のDAZNパックなら13,680円で22シーズンの全試合観られます(ゆるサポ向け)

football

2022年、J開幕を前にして「DAZNが値上げ」というニュースが駆け巡りました。

DAZNはこれまでの料金が安すぎたくらいで、値上げは正当なものだと思います。

それでも「安く観られるなら、それに越したことはない」と感じている方も多いはず。

今回、auのオンライン専用プラン「povo2.0」のDAZNトッピングを使えば、より安く1シーズン観戦できるのでは?と思ったので、調べた結果を共有します。

結論、

  • 最安を狙うならpovo2.0のトッピング
  • がっつり年間契約したいなら本家DAZN

がおすすめ!です。

■ povo2.0の招待コードをご利用ください!

『KZ6VAGMK』

  1. SIM発行後、自動でデータ使い放題(24時間)が1回分適用
  2. 初めて購入したデータトッピングに応じて、さらにデータ使い放題(24時間)1〜5回分のコードをプレゼント!

povo2.0公式サイト
\年間契約なら9ヶ月分でOK/

DAZN

DAZN公式をチェックする!

2022年2月、DAZNが値上げ

DAZNは2022年2月22日に値上げをすると発表しました。

価格改定のお知らせ

国内では2017年のJリーグ中継の開始以降、一貫して1,925円/月でサービスを提供してきました。

しかしここでついに3,000円に大幅値上げすることになりました。

  改定前
(22/2/21まで)
改定後
(22/2/22から)
月額プラン 1,925円 3,000円
年間プラン
(一括)
19,250円
(1月あたり1,604円)
27,000円
(1月あたり2,250円)
年間プラン
(月々支払)
31,200円
(1月あたり2,600円)
無料トライアル 1ヶ月間 なし

22シーズン年間パスは旧料金で利用可

今回の発表が2022年1月末だったこともあり、すでにJリーグの各クラブやF1、プロ野球などでは、年間視聴パスが販売されていました。

これらの年間パスは旧料金で販売され、2月22日以降も追加料金なしで、視聴期間終了まで利用できます

今回の値上げが発表されると、各クラブに強化費が入る旧価格の年間パスに注文が殺到して、全クラブ在庫がなくなってしまいました……。

povo2.0の「DAZN使い放題パック(7日間)」

今回の値上げ発表の中、povo2.0が提供している「DAZN使い放題パック(7日間)」は料金が据え置かれました。

povo2.0はauが提供するオンライン専用のモバイルプランです。

基本料金は0円で、データ容量を好きなタイミングでトッピング(課金)して利用できる、新しいタイプの通信サービスです。

「DAZN使い放題パック(7日間)」は

  • 1回760円
  • 購入から7日間(1週間後の同曜日の23時59分)、DAZNが利用可能
  • DAZNの視聴にかかわるデータ通信は使い放題

という内容です。

DAZNが観られるだけでなく、データ通信も使い放題というのがポイントです。

モバイル環境でDAZN観戦する場合でも、データ容量を気にせず、思いっきり高画質で視聴できます。

■ povo2.0の招待コードをご利用ください!

『KZ6VAGMK』

  1. SIM発行後、自動でデータ使い放題(24時間)が1回分適用
  2. 初めて購入したデータトッピングに応じて、さらにデータ使い放題(24時間)1〜5回分のコードをプレゼント!

povo2.0公式サイト

1回の課金で実質8日間観戦が可能!

当初この記事でも7日間の観戦が可能!とお伝えしておりましたが、当分の間は、課金開始後、1週間後の同曜日の23時59分まで利用できることがわかりました。

例えば土曜日に課金をしたら、1週間後の土曜日の23時59分まで実質8日間の視聴ができます

課金開始後、アプリの「課金内訳」画面には「残り◯日」、1日を切ると「残り◯時間」と表示されます。

2022 J3全34節をpovo2.0で観ると……

僕は2017年からDAZNを契約してきました。

当初は自分が応援するクラブ(FC岐阜)以外の試合やハイライト番組なども視聴していました。

しかしここ数年は月に4試合、岐阜の試合を観るにとどまっていました。

そのようなライトな使い方であれば、povo2.0の「DAZN使い放題パック(7日間)」を利用してもっと安く視聴できるのでは?と思い、調べてみました。

34試合を18回の課金(13,680円)で観戦可

以下、2022年J3リーグの岐阜の試合を例に、課金スケジュールを立てました。

結果は以下の通り。

結果、

  • 18回、13,680円の課金で全34試合の観戦が可
  • 5回目、18回目の課金以外は1回の課金で2試合観戦可
  • 全試合リアタイ(当日)観戦可!

ということがわかりました。

通常課金の半額

3月12日〜11月20日まで、普通に月額課金すると9ヶ月分の支払いが必要になります。

  • 月額課金(9ヶ月)
    3,000円×9=27,000円
  • 年間一括課金(12ヶ月)
    27,000円
  • povo2.0 作戦(18回課金)
    760円×18=13,680円

月額課金、年間一括課金のちょうど半額で全34試合が観戦できます。

あくまで2022シーズン、J3岐阜のスケジュールからの概算ですが、J3のチームであれば、大きなブレはないはずです。

開催期間が長いJ1、J2サポさんも考え方としては参考になるかと思います。

povo2.0の「DAZN使い放題パック(7日間)」のメリット・デメリット

今回紹介した「povo2.0でDAZN観戦」のデメリットは

  • 毎回の課金が面倒なこと
  • 最低限の期間しか視聴できないこと

です。

とは言えアプリからサクッと課金でき、そこまで面倒というわけでもありません。

また課金していない期間にどうしても観たい試合がある(例えば代表戦など)なら、その時だけ課金すればよく、気軽さがpovo2.0運用のメリットとも言えます。

実はテザリングも使い放題で視聴可

個人的にpovo2.0でDAZNを利用する最大のメリットは「テザリングを使って、別デバイスでも高速通信が使い放題」なことだと感じています。

ここまでの説明を読んで「でも、スマホの画面でサッカー観戦はなぁ……。背番号とか小さすぎてわからへんし!」みたいに思っていた人もいるかもしれません。

povo2.0ならテザリングによる他デバイスでのDAZN観戦もデータ使い放題です。

つまりパソコンやタブレット、テレビやFire TVなどの大画面でも観戦できます。

povo2.0以外でDAZNを安く観る方法

ちなみにpovo2.0以外でDAZNを安く観戦する方法には

  • 本家DAZNで2022年2月21日までに旧料金で年間一括課金する(19,250円/年)
  • auの使い放題MAX DAZNパック(8,338円/月)に加入する
  • DAZN for docomoで2022年4月17日までに旧料金で契約する(1,925円/月)

が挙げられます。

auの「使い放題MAX 5G(4G)DAZNパック」は、auのデータ使い放題のプラン「使い放題MAX 5G(4G)」に+1,100円上乗せするだけで、DAZNが利用できるプランです。

現時点で「使い放題MAX」を契約しているなら、検討する価値は十分ありますね。

DAZN for docomoは4/17まで旧料金で契約可

DAZN for docomoはドコモによって提供されているサービスです。

dアカウントを作成すれば、ドコモユーザーでなくても利用できます。

月払いのみでDAZN本家が値上げ後も、2022年4月17日までは旧料金(1,925円/月)で契約できましたが、現在は3,000円/月に改定されてしまいました。

DAZN for docomoで契約するメリットは、ほとんどありません。

結論

ということで、2022シーズンにDAZNを安く観戦する方法として、この記事の結論をまとめておきます。

  • povo2.0の「DAZN使い放題パック(7日間)」
    自分が応援するJクラブの観戦が中心な人
    最安で運用したい人
  • DAZN
    Jのシーズン以外でも、年間がっつり観戦したい人
    (年間払いなら27,000円、つまり9ヶ月分で12ヶ月の視聴が可能)

個人的には今のところ、povo2.0で運用してみたいと思っています。

2022年もDAZNで愛するクラブのサッカーを楽しみましょう!

■ povo2.0の招待コードをご利用ください!

『KZ6VAGMK』

  1. SIM発行後、自動でデータ使い放題(24時間)が1回分適用
  2. 初めて購入したデータトッピングに応じて、さらにデータ使い放題(24時間)1〜5回分のコードをプレゼント!

povo2.0公式サイト
\年間契約なら9ヶ月分でOK/

DAZN

DAZN公式をチェックする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました