神!3,000円台で買えるBaseus Bowie E8の2ヶ月使用レビュー!マルチポイント対応のインナーイヤー

gadget

USB充電器やスマホケースを中心に、日本でも販売を拡大している中華メーカー「Baseus(ベースアス)」。

今回「Bowie E8」という商品が、僕が好きなインナーイヤー型で、しかもマルチポイントに対応しているという情報を得たので、注文してみました。

2ヶ月以上、しっかりと使ったので、中長期のレビューとしてお届けします。

  • とにかく安いマルチポイント対応&インナーイヤーを試してみたい人
  • ランニングで使えるなら、なおうれしい!

という人には、ハマるかも知れません!

https://s.click.aliexpress.com/e/_9AohZ6

※本記事は「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の下で作成しています。

Baseus Bowie E8のスペック

Bowie E8のスペックシートは以下のとおり。

  Baseus Bowie E8
カラー

・ホワイト
・ブラック
・ピンク

連続再生時間 ・イヤホン:5時間
・ケース込:20時間
充電時間 ・約1時間でフル充電
・10分で120分再生
充電コネクタ USB タイプC
防水 IPX5
対応コーデック SBC、AAC
アクティブノイズキャンセリング
(ANC)
外部音取り込み
装着検出機能
片耳モード
(記載はないが利用可)
ワイヤレス充電
アプリ ・紛失時の呼び出し
・バッテリー残量チェック
・マップで検出
・タップ操作変更
価格 4,761円
(実売 約3,300円)

インナーイヤー型ということもあり、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込み機能はついていません。

使って分かったBaseus Bowie E8のいいところ

Baseus Bowie E8のグッドポイントは以下の3点。

  • 小ぶりなケースと軽量な端末
  • 装着検出が正確
  • マルチポイントも普通に使える

小ぶりなケースと軽量な端末|「AirPodsのパチモン」ではない

イヤホン本体は軽量で、インナーイヤーということもあり、長時間付けていても疲れません。

イヤホンの形状は楕円を帯びています。インナーイヤーは合う・合わないは人によりますし、イヤーチップで調整することもできません。

しかし形状的に、AppleのAirPodsを問題なく使える人は、合わないということはなさそうです。

で、お気づきかもしれませんが、これ、第3世代AirPodsとそっくりですよね。

画像引用:https://www.apple.com/jp/airpods-3rd-generation/

「どうせ、よくあるAirPodsのパチモンなんでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、驚くべき事実をお伝えしなければいけません。

上の写真の第3世代AirPodsが発売したのは2021年10月、Baseus Bowie E8の発売日は定かではありませんが、少なくとも8月には発表されていました。

Baseus Bowie Series E8 TWS( Bluetooth 5.0, Fast charge, Nearly No-delay & HD Stereo Gaming Earbuds)

↑公式の商品動画の公開日は2021/08/11になっています。

Baseus Bowie E8は第3世代AirPodsよりも先に世の中に出ていました。AirPodsにインスパイアされていることはほぼ間違いないでしょうが、「AirPods(第3世代)の登場を予期していたい」とも言えるのです……!

装着検出が正確

この手の安いイヤホンによくある「装着検出が付いてるけど、机の上に置くと再生が始まってしまう」というような誤認識は、ほぼ起こりません。

この辺りの精度は、以前レビューしたXiaomiの「Xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」を大きく上回っています。

マルチポイントも普通に使えすぎて驚き

期待していたマルチポイントも普通に使えます。

「マルチポイントって、この価格のイヤホンに付けることできるものなの?」という、素朴な疑問が湧いてくるくらいに、平気な顔して使えます。

純粋にびっくりしました。

Baseus Bowie E8の音質

音質については賛否両論分かれる機種だと思います。

ただし値段が値段であることから、そこまで大きな期待をしてはいけません

  • 人によっては「100均のイヤホンレベル」と感じるかも
  • 良くも悪くも「軽い」
  • 音場が広い?
  • ボーカル、人の声はとても聞きやすい

といった印象です。

低音はほとんど響きません。そのため「スカスカ」「昔のラジカセ」みたいに感じる人がいるかもしれません。

一方でインナーイヤーなので、開放感があり音場の広さを感じました。

ボーカル、人の声がとても聞きやすく、ポッドキャストの視聴にはピッタリです。割と大きめの音量で再生することができるのも、グッドポイントです。

Baseus Bowie E8の微妙なところ

音質は「価格相応」なので、それ以外の部分で微妙だったポイントを紹介しておきます。

  • 再生時にいちいち「ぽっ」って音がする
  • 単体のバッテリー駆動時間が少し短い
  • マイク音声は微妙

音楽を再生、停止する際に「ぽっ」という効果音が鳴ります。慣れれば気になりませんが、最初は少し違和感を感じるかもしれません。

僕は長時間、音楽を聴き続けることはないので、連続再生時間がスペック通り(約5時間)に持つかはわかりません。

ただケースを充電する回数が「Xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」よりも、少しだけ多いような気がします。

あと、マイクによる入力音質も微妙だと思いました。

↓音声が再生されます。

Baseus の日本で買えるイヤホン

Baseus Bowie E8は、執筆時点では日本では発売されていません(技適も付いてません)。

アリエクスプレスで購入できます。

https://s.click.aliexpress.com/e/_9AohZ6

現状、日本で発売されているBaseusのイヤホンは「SIMU S1 Pro」のみです。

amazonでは3,000円台で販売されています。

この価格でANC、外部音取り込み、ワイヤレス充電と全部入りでコスパはかなり良さそう。

アリエクでは後継の「S2」も販売されています。

https://s.click.aliexpress.com/e/_Ad3cF6

「Bowie E8」は日本で発売したら売れる

マルチポイント対応でインナーイヤー型となると、選択肢はかなり限られてきます。

Bowie E8は決して音楽を聴き込むためのイヤホンではありませんが、使い勝手が良く、技適さえついていれば「Xiaomi Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」のポジションに代わることができる製品です。

技適をつけて3,000円台でまとめることができれば、日本でもそれなりにヒットしそうな商品だと感じました。

商品の品質はとても高く、信頼のおけるメーカーです。今後の展開に期待しています!

https://s.click.aliexpress.com/e/_9AohZ6
7,500万曲が聴き放題、HD音質、空間オーディオも楽しめるamazon music UNLIMITEDは、最初の1ヶ月は無料で使えます!

新しいイヤホンと合わせて、ぜひ!
\お試しだけでもOK/

無料で試してみる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました