【有望株】ハイコスパインナーイヤー・eppfun「Cute meet 300」実機レビュー

gadget

普段はマルチポイント対応イヤホンをメインにリサーチしていますが、それと同じくらい、インナーイヤー型イヤホンにも興味があります。

今回「eppfun Cute meet 300」という製品が、わりとコスパが高いという噂を耳にしたので、購入してみました。

結論は以下!

  • ナチュラルなサウンドが楽しめるインナーイヤー
  • 5、6,000円の価格帯のインナーイヤーでは個人的最高レベルの音質
  • ただ、企業として若干、不安なところがある
7,500万曲が聴き放題、HD音質、空間オーディオも楽しめるamazon music UNLIMITEDは、最初の1ヶ月は無料で使えます!

新しいイヤホンと合わせて、ぜひ!
\お試しだけでもOK/

無料で試してみる!

eppfun Cute meet 300のスペック

eppfun(エップファン?イップファン?)は中華系のオーディオ機器を中心に製造している新興メーカーです。

僕もこの商品を購入するまでは全く知りませんでした。

Cute meet 300のスペックは以下のとおり。

タイプ インナーイヤー型 ANC
カラー ・ブラック
・シルバー
・ローズゴールド
・グリーン
外部音取込
重量 ・片耳 3.6g
・ケース 68g
装着検出
連続再生 ・単体:6時間
・ケース込:32時間
片耳
充電時間 ・10分で2時間再生
・約75分で満充電
ワイヤレス
充電
充電コネクタ USB タイプC 専用アプリ
防水 IPX5 低遅延 60ms
対応
コーデック
SBC / AAC / Aptx /
Aptx adaptive
価格 6,599円
(Amazon)

eppfun Cute meet 300実機レビュー

まず目を引いたのが、そのしっかりとしたつくりの外箱。中華系ガジェットって、けっこう外装にこだわってるもの多いですよね。

ケースは横長の珍しいタイプで、書道セットに入っていた墨みたい。

僕が購入したブラックは、マットな加工が施されています。サラサラとした手触りが気持ち良いですが、少し指紋が目立ちやすいかもしれません。

ケースを持ったときに感じたのは、そのずっしりとした重さ。金属製で68gと見た目に反してかなり重めです。

イヤホン本体もマットな加工がなされています。

本体のスティック部分は約3cmで短めです。ケースとは違ってこちらはプラスチック製で軽いです。

装着感

多くの人の耳にフィットするであろう、スタンダードなインナーイヤー形状です。

インナーイヤーらしく、付けている感覚はほとんどありません。

ただ一般の成人男性よりも少し耳が小さい僕には、ほんの少しだけ大きく、2時間くらい付けていると、少し痛くなってきました。

この辺りはサイズを微調整できないインナーイヤーのデメリットです。

操作性

センサーの感度は良くも悪くもなく。

わりとタッチする場所がシビアな感じがしなくもないですが、指の腹でタップすれば高確率で意図した操作はできます

  • 1クリック:再生・一時停止
    (電話に出る、切る)
  • 右2クリック:次の曲
  • 左2クリック:前の曲
  • 右3回クリック:音声アシスタント
  • 左3回クリック:ゲームモードオン/オフ
  • 右長押し:音量を上げる
  • 左長押し:音量を下げる
  • 2秒長押し:電話を拒否

1クリックで再生/停止されるので、装着の際に誤作動する可能性があります。

しかしこのイヤホンは、装着検出機能がないので1タップで再生/停止できる方が、使い勝手は良いかもしれません。

イヤホンで音量調整ができることもグッドです。

端末単体で電源オフにもできるが……

ちなみに端末単体で電源オン/オフにも対応しています。

  • 5秒程度長押し:電源オフ
  • 2秒程度長押し:電源オン

しかし勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、電源オフと音量調整の操作が被ってしまっています

電源をオフにするには、端末とのペアリングを解除した上で、イヤホンを長押しする必要があります。

うーん、この機能を使うシーンは思いつきませんね。

音質

公式曰く

直径13mmバイオセルロース振動板に改良/チューニングを施しました。豊かで立体的なサウンドと自然な聞き心地が実現し、リアルな質感とディテールが復元されます。

とのことです。

Cute meet 300はaptX Adaptiveにも対応しています。今回はiPhoneのAACで接続して視聴した感想をお伝えします。

  • 自然でニュートラルな印象。味付けがされていない
  • ボーカルが前に出てきて聴きやすい
  • 高音も刺さりすぎず疲れない
  • 低音もボーカルが埋もれてしまわないくらいには、響いている
  • 繊細な表現というよりは、まろやかな感じ
  • かといって、打楽器や弦楽器の音もしっかりと聴こえる
  • 左右の音場は割と広め

あまり派手さはありませんが、忠実に良い音を鳴らしてくれているという印象です。

個人的にこれまで使ってきたインナーイヤー型の完全ワイヤレスの中では、暫定1位の音質。

ドンシャリが好きな人には物足りないと感じるかもしれませんが、そんな人はインナーイヤーを選ばないかもですね。

■ メモ
Cute meet 300はアプリに対応しておらず、イコライザー調整ができません(そもそも、インナーイヤー型で対応しているものは、ほとんどない)。

それもあるので、ヘタに色付けされているよりも、自然に聴ける方が、使い勝手は良いと思います。

通話音質

左右に2つずつ、合計4つのマイクを搭載しており、サブマイクで拾った音を処理して騒音を打ち消すことができる、とのことです。

eppfun Cute meet 300 マイク音質

上記のとおり、空気清浄機の音は完全に消し去ることができていませんが、会話に支障がない程度には抑えられていることがわかります。

eppfun Cute meet 300の微妙なポイント

微妙なポイントは

  • 充電ポートの位置
  • ケースのバッテリーインジケータが見づらい
  • 再生停止しているときに、微小な電子音が聴こえてくる
    (人によっては気になるかも)
  • アプリが使えない

といったことくらい。

しかし、どうしてこの位置に充電ポートを付けてしまったのか……。

まるでMagicMouse2の悪夢を見ているようです。

Cute meet 300と250の比較

Cute meet 300には、前モデルとしてCute meet 250があります。

スペックを比較しておきます。

  Cute meet 300 Cute meet 250
外観

タイプ インナーイヤー型 インナーイヤー型
カラー ・ブラック
・シルバー
・ローズゴールド
・グリーン
・ブラック
重量 ・片耳3.6g
・ケース68g
・片耳3.7g
・ケース58g
連続再生 ・単体:6時間
・ケース込:32時間
・単体:6時間
・ケース込:32時間
充電時間 ・10分で2時間再生
・約75分で満充電
・10分で2時間再生
・約75分で満充電
充電コネクタ USB タイプC USB タイプC
防水 IPX5 IPX5
チップ Qualcomm
QCC3040
Qualcomm
QCC3040
対応
コーデック
SBC / AAC / Aptx /
Aptx adaptive
SBC / AAC / Aptx /
Aptx adaptive
ANC
外部音取込
装着検出
片耳
ワイヤレス
充電
専用アプリ
低遅延  60ms 60ms
価格 6,599円
(Amazon)
4,599円
(Amazon)

比較したところ、筐体の重さ、ケースの形状以外で大きな差はありません。

あとスペックシートにはありませんが、Cute meet 300では振動板がバイオセルロースに変更されています。

実際に聴き比べていないので、バイオセルロースの効果がわかりませんが、ケースの形や重さ、価格でで決めてしまって良いでしょう。

Amazonの場合、執筆時点では上記価格から20%オフの3,600円程度で購入できました。

Cute meet 300とSOUNDPEATS Air3の比較

この価格帯のインナーイヤー型の代表格と言えば、SOUNDPEATS Air3です。

両機も比較しておきましょう。

  Cute meet 300 SOUNDPEATS Air3
外観

タイプ インナーイヤー型 インナーイヤー型
カラー ・ブラック
・シルバー
・ローズゴールド
・グリーン
・ブラック
・ホワイト
重量 ・片耳3.6g
・ケース68g
・片耳4g
・ケース33g
連続再生 ・単体:6時間
・ケース込:32時間
・単体:5時間
・ケース込:17.5時間
充電時間 ・10分で2時間再生
・約75分で満充電
・約90分で満充電
充電コネクタ USB タイプC USB タイプC
防水 IPX5 IPX4
チップ Qualcomm
QCC3040
Qualcomm
QCC3040
ドライバ径 13mm 14.2mm
対応
コーデック
SBC / AAC / Aptx /
Aptx adaptive
SBC / AAC / Aptx /
Aptx adaptive
ANC
外部音取込
装着検出
片耳
ワイヤレス
充電
専用アプリ
低遅延  60ms 60ms
価格 6,599円
(Amazon)
5,380円
(Amazon)

Cute meet 300がSOUNDPEATS Air3をベンチマークにしているのは明らか。

再生時間ではCute meet 300が上回りますが、ケース込みの重さはSOUNDPEATS Air3が半分以下

両者聴き比べてみて感じたことは、

  • SOUNDPEATS Air3はドンシャリ傾向
  • 低音の強さ、高音のきめ細やかさはSOUNDPEATS Air3の方が上
  • 原音に忠実、まとまりがあるのはCute meet 300

といった印象です。

【闇】Amazonの商品説明が酷似している

Amazonの商品説明を比べていると、商品説明が酷似していることに気づきました。

コレ、完全にコピペやん……。なんやこれは。中華では良くあることなのか?

他にもページレイアウトも酷似しています。

例えば「実はeppfunはSOUNDPEATS内のブランドだった」という可能性を信じてみるのであれば、この状況にも納得がいきますし、eppfunの権威も高まります。

しかしそんな情報はどこにもないので、これは単純にパクっているだけの可能性が高いです。

せっかく製品が良いだけに、こういうところの甘さは残念としか言いようがありません。

結論:インナーイヤー型の同価格帯の音質としてはトップレベル

そもそもインナーイヤー型は比較対象が少ないのですが、5、6,000円で購入できる製品としては、音質はトップレベルと言っても良いでしょう。

SOUNDPEATS Air3よりもまったりと聴ける感じで、こちらの方が好みだと感じる人も多そうです。

日本国内でのマーケティング手法が確立してこれば、SOUNDPEATSとも張り合えるメーカーに化けるかもしれません。

(そのときは、ちゃんと自分の言葉で商品説明を書きましょうね!)

ちなみに、執筆時点では、Cute meet 300は楽天だと4,500円くらいで購入できるお店がありました。

7,500万曲が聴き放題、HD音質、空間オーディオも楽しめるamazon music UNLIMITEDは、最初の1ヶ月は無料で使えます!

新しいイヤホンと合わせて、ぜひ!
\お試しだけでもOK/

無料で試してみる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました