【未来がキタ】楽天モバイル eKYCでeSIMを契約してiPhone SEに入れただけの記事

スマホ・通信

2020年の初期組みとして楽天モバイルを契約し、1年無料で使わせていただきました。

自宅はまだパートナー回線ですが、1年使って特に困ることもなかったので、メインの電話番号を楽天モバイルに移すことにしました。

今回、iPhone SE(第2世代)にeKYC(AIによる本人確認)を使ってeSIMを契約し、入れてみたので、その様子をシェアします。

ただ、それだけの記事ですが、誰かの参考になれば。

■ iPhone買うなら楽天モバイルがリアルに安い!

iPhone13シリーズ、SE(第3世代)は最大3万ポイント、12シリーズ・SEは最大2.5万ポイント還元で買えます。

楽天モバイルiPhoneページ>

\11月まで0円〜使える/

楽天モバイル公式をチェックする

あ、新品じゃなくていいならイオシス が激しくおすすめです。厳しい査定をクリアした良品が揃ってます!(Aランクとか、もはや新品です!)

\中古を買うならお店が安心/

イオシスで中古スマホをチェック!

楽天モバイルでeKYCを使ってeSIMを契約する手順

先にざっくりとした流れをお伝えします。

  1. my楽天モバイルアプリをダウンロード
  2. Rakuten UN-LIMIT Ⅵを申し込み
  3. MNP開通手続き
  4. eSIMの設定
  5. デフォルトのデータ通信・通話SIMの設定

今回はスクショを撮影しながらだったので時間がかかりましたが、20分もあれば申し込み〜開通まで完了できると思います。

①my楽天モバイルアプリをダウンロード

2021年4月現在、eKYCはmy楽天モバイルアプリからのみ、申し込むことができます(これが一般的になったら、世の中の格安SIM系アフィリエイターが滅びます)

my 楽天モバイル

my 楽天モバイル

Rakuten Mobile, Inc.無料posted withアプリーチ

②Rakuten UN-LIMIT Ⅵに申し込み

アプリから申し込みます。

楽天会員の情報がそのまま流用されるので、正しい情報が登録してある人は、名前や住所などの入力は一切ありません。

以下、画像がダラダラと続きます。

僕は先週、楽天モバイルを解約したばかりだったので「解約済み」と出ています。「再度お申し込みをしてください」から進んで、eSIMを選択。

「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択。書類は免許証を選びました。

カメラが立ち上がるので、ガイドに従って、免許証の表面を撮影。続いて、免許の厚みがわかるように、斜めからも撮影します。

免許証の裏面も撮影。その後、自撮りをします。メルペイの認証のような「免許を持って自撮り」は不要で、ほんまにただ自撮りするだけです。認証作業はたったこれだけ。

僕はMNPを選択。電話番号、MNP予約番号、有効期限を入力。

支払いカード(楽天に登録してあるカード)、ポイント支払い設定(なぜか「利用しない」しか選べなかった。ポイントを消化したかった)して、申込み完了◎
5分で本人確認が終わるようです。

申込みが完了すると、こんな陽気な動画が再生されるので、見ているうちに本人確認が終わります。

(Androidならね)

③MNP開通手続き

5分も経たずに本人確認が終了して、開通手続きに進めます。

「転入を開始する」を選択。MNP開通手続きが始まります。

「開通手続きをする」をタップすると、QRコードが表示されました。僕はこのiPhoneにeSIMを入れたいので、ここで、パソコンでmy楽天モバイルにアクセスしてQRコードを表示させました。

④eSIM開通手続き

パソコンでmy楽天モバイルの申し込み履歴を見ると「eSIM開通用のQRコードを表示する」とあるので、表示させて、eSIMを入れたい端末のカメラアプリを立ち上げて、読み込みます。

モバイル通信プラン(eSIM)のインストールが始まります。僕の場合、物理SIMがすでに1枚入っていたので、2枚のSIMの区別をつけるために、名前を付けるように言われます。僕は楽天モバイルを「副回線」という名前にしています(電話番号としてはメイン回線ですが)。

my楽天モバイルを見て見ると「完了」「開通済み」の表示が!お疲れさまでした〜!

⑤デフォルトのデータ通信・通話SIMの設定

今回のように、1台の端末に2枚のSIMカードを入れる場合は、デフォルトで使用するデータSIM・音声SIMの設定をしておきましょう。

「設定」>「モバイル通信」から設定できます。

僕は、楽天モバイルではデータ通信はしたくないので、データ通信は主回線(楽天モバイルじゃない方のSIM)に設定

デフォの音声回線は非楽天モバイルで設定

発信は基本、Rakuten Linkでするつもりですが、ここでいう「デフォルトの音声回線」とは、iPhoneのデフォの電話アプリで発信するときに利用するSIMのことです。

デフォの電話アプリから発信することはまずないので、誤って使って請求を発生させないために、僕は楽天モバイルじゃない方のSIMを設定しています。

この状態でもRakuten Linkから発信できますし、どちらのSIMでも着信できることを確認しました。

注意:Rakuten Linkのメッセージが引き継げなかった

僕は楽天モバイルを一度解約して、別の番号を新たに楽天モバイルに転入させました。

このようなケースの場合、これまでRakuten Linkで送受したメッセージ(SMS)は引き継ぐことができませんでした。

iPhoneやAndroidのこれまでのメッセージアプリと同じような感覚でいたので、これはかなり盲点。ふつうにミスりました。

ほんまに認証してん?と思っちゃうくらい

初めてeKYCでeSIMを契約しましたが、想像以上に便利でした。

逆に「ほんまに認証してるんやろか?」と不安になるくらい。

2013年くらいから格安SIMを使ってきましたが、申込みから開通まで30分足らずで済んでしまったのは、今回が初めて。

いよいよ未来が来たことを感じられる経験でした〜!

楽天モバイルで開催中のキャンペーン

楽天モバイルで現在開催中の主なキャンペーンは以下のとおり。

  • 初めての契約でポイント
    5,000ポイント還元
  • SIMのみ乗り換えでポイント
    1.5万ポイント還元
  • 端末購入でポイント
    最大2万ポイント還元
    対象iPhone / 対象Android
  • 「iPhoneアップグレードプログラム」申し込み
    5,000ポイント還元

最大3万円の還元もふつうに狙えます!

楽天モバイルのキャンペーン詳細(公式サイト)>

楽天モバイルは格安SIMと組み合わせて、さらにツヨツヨ!

楽天モバイルは他のサービスと組み合わせることで、さらにそのメリットを得られます。

おすすめのサービスの最新プランをまとめています。

IIJmio:eSIM安すぎぃ!
LIBMO:20GB/30GB最強
mineo(パケット放題 Plus)
最大1.5Mbps使い放題
エキサイトモバイル:従量プランなら
nuroモバイル:最安of最安
OCNモバイルONE:速度含めるとコスパ最強
ジェイコムモバイル:最大1Mbps使える
LinksMate:追加SIMで最強感ある

また価格重視で選びたい人のために、各社の料金もまとめたので参考にして下さい。

【2022.4 】主要格安SIM(MVNO)の料金一覧・比較
最新の主要格安SIMの料金を音声通話、データ通信、それぞれのSIMに分けて紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました