【口コミ】donedoneでドネらずエントリープラン(カスタムU)を契約してみた

スマホ・通信

激動な春先と比べると格安SIM界隈もゆったりしてきました。

そんな6月下旬に突如、BIGLOBEから発表された新サービス「donedone(ドネドネ)」。

制限付きではありますが50GBが2,728円で使えるという面白いサービスです。しかし、話題になったのは「お試し用」として提供されたエントリープランでした。

あまりに申込みが殺到したため、急遽受付を停止するという事態になっています。

今回、運良くエントリープランを契約できたので、実際に契約してみて感じたことを共有します〜!

\クーポンを使って初期費用無料/

donedone

donedoneでドネってみる!

donedoneのサービス概要

donedoneはBIGLOBEがスタートした、格安SIMブランドです。

おそらく業界初となる「ドネーション型モバイルサービス」をコンセプトにしています。

毎月料金の一部(50円)が、5つの分野の社会貢献を行う団体に寄付されます。

  • 教育支援:ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 健康支援:シェア
  • 海洋保全:エバーラスティング・ネイチャー
  • 医療支援:日本小児がん研究グループ
  • 環境保全:オックスフォード大学 WildCRU

ドネート先はアプリで設定・変更できます。

また災害時には臨時の支援団体が追加されることもあるようです。

日本は外国と比べると、寄付の文化が希薄と言われます。誰もが自分ごとである「スマホの支払い」と、寄付を組み合わせるアイデアは、純粋にすばらしいと思います。

donedoneのプラン

donedoneのプランの概要は以下のとおり。

  • 2,728円
  • 50GB
  • 無料通話はなし
  • au回線 

ただし純粋に50GBが使えるわけではなく、さらに以下の2つのプランがあります。

  ベーシックUプラン カスタムUプラン
容量 50GB
最大速度 3Mbps ・指定のアプリは制限なし
・その他の通信は1Mbps
超過後の速度 1Mbps 1Mbps

ベーシックUプランはアプリに関係なく、常に最大3Mbpsで利用できます。50GB超過後は1Mbpsに制限されます。

面白いのはカスタムUプランの方です。

カスタムUは指定アプリの速度制限なし

カスタムUプランは常時1Mbpsの低速ですが、指定のアプリ(サービス開始時は10)は速度制限なしで利用できます。

  • SNS…LINE、Instagram、Facebook
  • 動画…YouTube、ABEMA、TikTok、TELASA
  • 音楽…Spotify、Amazon Music
  • ゲーム…モンスターストライク

「対象アプリは使い放題」というのはよくありますが、「速度上限なし」というのは珍しいです。

僕が720pのYouTube、Amazon Musicを閲覧・聴取したところ、ほとんど待ち時間なく再生を始められ、途中で止まってしまうこともありませんでした。

↓Amazon Musicを再生してみたところ。ストリーミングにかかる時間はほとんどなし

donedone カスタムUプラン Amazon Musicの通信速度

画面上部に表示されている速度を見てみると、最大で20Mbps程度は出ているようです。

※ただしあくまで「格安SIM」なので、速度上限はないと言いつつも、大手キャリアのような速度は期待しない方が良さそうです。

話題になったのは「0円SIM」のエントリープラン

donedoneには上記のプランの他に「お試し」用としてエントリープランが用意されました。

  • 最大128Kbpsのデータ専用SIM
  • 0円
  • 14日間、3GBまで「ベーシックU」または「カスタムU」が利用できるクーポン付き
  • 寄付対象外

かつて「0SIM」という、500MBまでは0円で使えるサービスがありましたが、まさか令和の時代に再会できるとは!

しかし0円というのが良くも悪くも話題になってしまいました。

開始から1週間で受付を一時停止する事態になりました。

【口コミ】donedoneを実際に契約してみて感じたこと

今回、donedoneを実際に契約してみた感じたことは主に以下の3つ。

  • 契約フローについて
  • 速度について
  • アプリについて

まず契約のフローがめっちゃ簡易的だったこと。

実はdonedoneを申し込む直前に、ドコモのahamoも契約していたんですが、donedoneの申込みの方が2分の1くらい早く済みました(エントリープランだからってこともあったと思う)。

さすがBIGLOBEモバイルで培ったノウハウが違いますね。

速度についてはふつうに満足。

またアプリの動作や見やすさも好印象でした。

それだけdonedoneが「わかりやすいサービス」ということです。

デメリット:通信量が確認できないので無制限(笑)

しかしこのdonedoneのアプリ、執筆時点(2021/07/09)では、通信量の確認ができません(笑)。

(何のためのアプリや)

しかしそれを逆手に、まさかの「対応するまでは無制限で使ってもええで!」宣言が出ています。

つまり、アプリで通信量が確認できるようになるまでは、一時的にではありますが

  • 2,728円で
  • au回線が
  • 高速で完全使い放題!

ということです。

donedone「エントリープラン」の使いこなし方

クーポンを使い終わった後の、エントリープランは最大128Kbpsです。

以前、LIBMOのライトプランでその速度で運用していたことがあるんですが、はっきり言って使いものにはなりません

本当に「回線維持」をするための最低限の速度です。

よくこの手の予備SIMは「何かあったときに安心★」とか言われますが、128Kbpsでは何かあったとしても役に立たない可能性が高いです。

近場でフリーWi-Fiがつながるスポットを探した方が早いと思いますし、僕らには楽天モバイルという最強の予備回線があります。

今後予定の「時間単位」チケットしか勝たん

donedone公式サイトでは以下のような案内があります。

急なWeb会議やライブ配信を観たいときに、時間単位で快適通信できるチケットもご用意(今後対応予定)。

ずばりdonedoneのエントリープランが活きる道はこれです。

auのpovoには220円で24時間使い放題という「トッピング」があります。これに似たものがdonedoneでも使えるようになると予想されます。

仮にpovoと全く同じ条件でチケットが発行されたら神懸かり的なサービスになると思います。

  • 使いたい時に気軽に使い放題チケットが格安で買える
  • しかも維持費がかからない

こんなサービス、現時点では他にはありません。

これは今後の展開に期待ですね。

(むしろ、楽天モバイルは0円維持勢に対してこんなオプションを作ってあげたら、みんな喜んで課金すると思うんですが……。)

理念がすばらしい。エントリープランで契約した人もドネろう

donedoneのスマホ代で社会貢献できるというのは、素敵なアイデア、サービスの理念だと思います。

しかし現実は僕も含めて、その理念とは程遠い場所にいるユーザーたちの関心の的にされてしまいました。

僕は今、エントリープランで契約して喜んでいたことを、とても恥ずべき行為だったと反省してます。

donedoneの中の方へ。エントリープランは寄付対象外とのことですが、できたらチケットが始まった暁には、その数%でも寄付に回していただきたいです。

その際は喜んでドネらせていただきます!

\クーポンを使って初期費用無料/

donedone

donedoneでドネってみる!

他の格安SIMの新プランも解説してます(オススメなやつだけ!)

僕が特に気になったサービスのプラン・オプションを解説してます。よろしければ一緒に!

【格安SIM新プラン/オプション記事たち】

IIJmio:eSIM安すぎ
LIBMO:20GB/30GB最強
mineo(パケット放題 Plus):最大1.5Mbps使い放題
エキサイトモバイル:従量プランなら
nuroモバイル:最安of最安
OCNモバイルONE:速度含めるとコスパは最強かも
ジェイコムモバイル:地味に安くて最大1Mbps使える
LinksMate:追加SIMと組み合わせると最強感ある

シンプルに料金だけを比較したい人はこっちもおすすめ
主要格安SIM(MVNO)の料金一覧・比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました